幼馴染と結婚はあり?なし?幼馴染同士が結ばれるメリットとは

あなたにはまだ幼い頃から付き合いのある、いわゆる幼馴染の友達はいますか?

仲の良い幼馴染として付き合ってきて、「もしかしたら将来この人と結婚することになるのかも…」とぼんやりと彼のことを恋愛対象として意識してみたことなどもあるでしょう。

ですが、幼馴染と結婚するなんて絶対ない!と考える人もいるでしょう。幼い頃から一緒にいるからこそ、もはや家族のような存在で、今更恋愛対象には見れないという考え方もあるはずです。

あなたにとって幼馴染との結婚はありでしょうか、なしでしょうか。

今回は、幼馴染と結婚することについてのメリットや、幼馴染を意識し始めている人のためにうまいアプローチの仕方を解説していきます。

幼馴染と結婚することのメリット

幼馴染と結婚する…考えたこともない人も多いかもしれません。

でも、ある時ふと、今まで気づかなかった彼の魅力に気づき、「あれっ?こんなにかっこよかったっけ…」と思うこともあるでしょう。

もしくは、幼馴染の彼が別の女性の話をして、どこか気持ちがモヤモヤするのを感じる瞬間もあるはずです。それを嫉妬だと気づいたとき、幼馴染を恋愛対象として意識していることに気づくことでしょう。

では、実際に幼馴染と本当に結婚するとしたら…どんな幸せが待っているものなのでしょうか?

お互いのことをよく知っている

お互いのことを既に熟知しているという点は、幼馴染と結婚することの最大のメリットと言えます。

出会って間もない状態で結婚した人と、何年も前から友達として接してきて、もはや家族のように一緒にいた人とでは、お互いのことを知っている度合いが全く異なります。

いくら相手の印象が良くても、まだ出会って数年しか経っていない人との結婚は、結婚生活で思わぬ相手の一面が分かってきたりで幻滅すること、幻滅されることもよくあることです。

それだけ相手のことをよく知るには時間が相当にかかるということです。

ですが、幼馴染同士であれば、相手のことを幻滅したり、幻滅されるような心配はほぼありません。よく知っているもの同士、最初から仲の良い結婚生活が送れることでしょう。

自然体で話せる

幼馴染の良さは、やはり素に近い状態で接することができる相手ということでしょう。

まだまだ小さかった頃から一緒にいた相手ですから、接する際に無理に着飾ったり、よく思われようと振舞う必要は基本的にないでしょう。

自然体でいられる夫婦は、離婚の心配もありませんし、年齢を重ねても一緒にいて楽しく過ごすことができます。

無理をせずに一緒にいられるということは、心地よい空気を作れるということです。家庭内の空気もギスギスしたものではなく、なごやかなムードが保てることでしょう。

家族に結婚を反対されない

結婚を決める際に、お互いのことを家族にちゃんと紹介していないと、結婚を反対されてしまうことをどうしても心配してしまうでしょう。

実際に、本人たちは結婚するつもりでも、家族が相手のことを嫌って結婚を許さない場合もあるはずです。

ですが、幼馴染同士の結婚であれば、家族ぐるみで仲が良いことがほとんどでしょうし、昔から相手には世話になっていることも多いはずです。お互いのこともお互いの家族に良く知られているでしょう。

すると当然ながら、お互いの家族は結婚に大賛成してくれるはずです。両家の顔合わせなども滞りなく進むでしょうし、幼馴染と結婚すると結婚が非常にスムーズに進みやすいのです。

幼馴染のことが好きかもと思ったら…

20代後半になると女性は特に結婚を強く意識し出すものです。

周りが結婚、出産ラッシュを迎える頃ですから、「自分も早くしなきゃ」と焦る気持ちも出てくるでしょう。ですが、いくら婚活に必死になっても、出会う男性出会う男性に皆「なんか違う…」と違和感を感じてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、幼馴染のことを「もしかして彼なら…」と結婚相手として意識してしまう場合もあるはずです。

では、急に幼馴染に恋愛感情が芽生えたとき、どんな行動を取れば良いのでしょうか?

結婚はありか考える

まず、上のメリットを考えながら、幼馴染との結婚は自分の中でありなのか答えを出してみましょう。

そのうえで結婚相手としてありかも、と思えたらぜひ行動に移すべきです。相手も同じように結婚相手として意識していたら万々歳ですが、なかなかそうもいきませんよね。

今まで恋愛対象ではなかった人を振り向かせるのも大変なことです。次の日からは婚活にまい進するのではなく、幼馴染の彼を振り向かせるために行動していくのです。

好きになることで生まれるデメリットも…

ちなみに、幼馴染を恋愛対象にすることで生まれるデメリットもあることも覚えておいた方が良いでしょう。

まず、大きなデメリットは、上手くいかなかったときは非常に気まずいということです。

告白して、結婚を意識していることを伝えた結果…「そんなふうには見られない」と言われてしまったらどうなる未来が予想できるでしょうか。おそらく非常に気まずくなって、今まで通りに接することが難しくなってしまうでしょう。

幼馴染という昔からの仲だからこそ、余計にリスクは高まります。家族同士の付き合いもありますし、簡単に縁も切れるものではないですし、なおさら気まずいことでしょう。

もし気まずくなってしまうデメリットが心配なのであれば、二人の共通の友人などにも協力を仰ぐと良いかもしれません。絶対にうまくいくようにサポートしてもらえる地元の友達がいると心強いでしょう。

女性らしい一面を見せるようにする

幼馴染があなたのことを恋愛対象に見ていないのは、理由があります。

それはあなたを一人の女性だと思って接していないからです。もちろん「女性」だということは分かっていますが、幼馴染として昔から一緒にいることで、女性のかわいらしさ、色っぽさなどの魅力があなたにもあることを、彼は忘れているのです。

まずは女性らしい一面を感じてもらうために、彼と接するときの自分を変えてみましょう。

パンツスタイルが多めならスカートやワンピースを増やしてみたり、髪型を変えてみたりして、彼にいつもとは違う自分を感じ取ってもらうのです。

あなたが彼のことを急に恋愛対象として意識したように、彼にもあなたのことを恋愛対象として意識できるようなきっかけは必ず来るはずです。

結婚の話を出す

結婚という話題になるべく触れながらいつも話すようにして様子を見るのも良いでしょう。

「理想の結婚相手は?」といった話を出すなど、相手の結婚観、結婚をどう考えているのかなどを聞き出してみるのです。

すると今まで意識していなかったのに、それがあなたを結婚相手として意識するきっかけになる場合もあります。

実は彼はもともと…

実は心配しなくても、彼自身はもとよりあなたと結婚するつもりだったというパターンもあります。

ですがそんなこと、実際に一歩踏み出して告白しなければ分かりませんよね。恥ずかしがり屋な男性ならなおさら結婚のことなど話したがらないでしょうし、自分のことをどう思っているかなんて謎でしかないはずです。

長い間慣れ親しんだ仲だからこそ、このような展開もあり得る話ですね。幼馴染という関係はある意味特別な関係ですから、異性として好きだということに気づいたら、慎重に歩み寄って相手の気持ちを確かめていくことが大切になります。

まとめ

一見恋愛対象とは思えないと言われがちな幼馴染ですが、幼馴染と結婚することにはしっかりとメリットがあるものです。

  • お互いのことを良く知っている
  • 自然体で話せる
  • 結婚を反対されない

このようなメリットに良さを感じられたなら、ぜひ幼馴染との結婚を考えてみてはいかがでしょうか?

婚活の場などで初めて会った人も良いですが、あまりに必死になりすぎて、自分と合わない人との結婚を決めてしまうのが一番いけないパターンです。

なかなか良い人が見つからないときや、自分にとって一番合う人が分からない時こそ、幼馴染との結婚に目を向けてみると良いでしょう。意外にも幸せな家庭像がイメージできるかもしれませんよ。

この記事を書いたひと

CHOCOMINT

CHOCOMINT

婚活・恋活に関する記事を執筆させて頂いております。
少しでも結婚、恋愛のお手伝いができれば幸いです。

猫とお菓子が大好きです。
好きな男性のタイプはツンデレ男子。

おすすめ記事

  1. 忙しい社会人には「朝コン」「昼コン」がおすすめ!朝婚活と昼婚活で効率良く恋人探し…
  2. 正直、子ども好き?嫌い?嫌いな人は意外と多かった。200人アンケート「子どもに対…
  3. 体も心も癒せる「ヨガ婚活」が人気!ヨガコンを開催している会社3選
  4. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  5. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  6. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン5選
  7. ぽっちゃり女子との出会い!おすすめ婚活サイト&パーティー6選 【恋活】




人気記事

最近の記事

  1. 趣味で出会えるアプリ4選!趣味で友達や恋人を作りたい人におすすめ!
  2. Facebookなしで登録できる婚活アプリ4選!フェイスブックをやってない人必見…
  3. 大手企業勤務の男性と結婚したい!婚活パーティー&街コンや合コン4選
PAGE TOP