自分に合う婚活アプリってどれだ?タイプ別で比較してみる

婚活アプリを徹底解説!自分にあったアプリを選びの方法3選

婚活アプリとは

最近婚活方法にも様々なスタイルが登場しているのを皆さん知っていますか?
これまで、婚活の定番とされてきたのは、結婚紹介所でしたが、今ではスマホ1つで始められる婚活アプリが手軽に始められる婚活ツールとして人気です。

結婚紹介所の婚活を、高コスト低リスク高リターンな育成系婚活(様々なプログラムを受けて人間としての魅力を増やして成婚につなげる)とするならば、婚活アプリによる婚活はいわば低コストな実力系婚活と言えます。

その理由は、自分で自分の魅力(実力)を磨き、成婚につなげるためです。
そのため、婚活アプリを利用した婚活は、まさに様々な自分磨きをしてきた方にこそ向いている婚活ツールです。
ただし、恋人探しや友達探しにも婚活アプリは使えますので「私はまだいいかな」という方でも利用して損はありません。
そもそも婚活アプリは、結婚へのスタンスが現状どのようなものであったとしても特に問題はありません。
「素敵な出会いがあったらいいな」くらいの軽いスタンスで始めるのもひとつのはじめ方です。

有名婚活アプリの特徴一挙解説!

ではここで、有名な人気婚活アプリを紹介しましょう。
人気の婚活アプリは、安全性もあり、多彩なカテゴリとサービスがあるため自分のライフワークやライフプラン、趣味などを大切にしながら結婚したいという会員を多く集めています。また、友人や知人に知られることなくこっそりと婚活をしたいという方も活動しています。

趣味重視の婚活アプリならコレ

自分のライフワークや趣味を重視た結婚を目指すなら、この趣味重視の婚活アプリがおすすめです。
アプリ内は音楽や読書、食べ歩きなどの一般的な趣味のカテゴリに分かれ、初期設定で興味のあるカテゴリにチェックを入れるだけで、検索にヒットする仕様となっています。
このようなカテゴリは、結婚紹介所のパーソナルデータとも似ていますが、結婚紹介所では担当スタッフのセオリーのアドバイスによって、興味のないカテゴリについてもチェックが入れられる傾向にあるのに対し、自分1人の意思によってカテゴリ選択が行われるため、「間違いなく」興味の近い異性と出会うことができます。
そんな趣味重視の婚活アプリは以下の通りです。
ペアーズ、タップル誕生、callyou

安全重視の婚活アプリならコレ

次に紹介したいのが、安全性の高い婚活アプリです。
ここでいう安全性とは、いわゆる「法に抵触しているユーザーの登録が少ない」ということです。婚活アプリでも結婚紹介所でも、最初に設定するパーソナルデータは多少良く見せようとして、誇張して描かれる傾向にあります。
度が過ぎれば、悪質なユーザーともなりますが、そのようなケースを生まないようアプリ開発の段階で運営サイトは登録審査を強化しています。
その対策の1つが、身分証明書の提示です。結婚相談所によっては、独身証明書の提出を義務づけているところもあります。

婚活アプリペアーズでは、Facebookに登録していることを前提とする様式で、悪質な勧誘ユーザーを排除しています。また、ゼクシィ縁結びは会員相互の了解があって初めて個人情報をお互いに公開する方式をとっており、これによりプライバシーを保護しています。
YAHOOパートナーはYAHOOが運営する婚活アプリで、大手企業が厳正な審査によって会員に迎えるかどうかを決めるため、信頼度が高く被害に会うリスクも低いと言われています。
さらに、ユーブライドやマッチドットコムではあくまで任意ですが、独身証明書の登録を行って、結婚詐欺の被害抑制に努めています。

条件重視の婚活アプリならコレ

次に紹介するのが、結婚の条件を重視して婚活を行いたい方にオススメの婚活アプリです。ここでいう「結婚の条件」とは年収や学歴、ルックスのような基本的な結婚でのウリのことを指します。

登録者のそれらの質が高いことが有名なアプリがOmiaiやツインキュ、ペアーズです。登録者は必ず自分の顔写真を載せる仕様となっており、「イケメンと結婚したい、お付き合いしたい」というルックスの条件重視の方にはオススメのアプリです。
また、ゼクシィ縁結びやユーブライド、マッチドットコムは学歴証明書や年収証明書の提出を任意で行なっていますので、低所得者との結婚を避けたいという場合にはこちらもおすすめです。

機密性重視の婚活アプリならコレ

最後に紹介するのが、周囲に婚活していることがバレにくい婚活アプリです。
「周囲に婚活していることがバレるのは恥ずかしい」これはどんな方でも持ち得る気持です。そのような際、あなたはどのように婚活サイトを選びますか?答えはいくつかあります。

その1つが、登録者数が少ないアプリを選ぶというものです。登録者数の少ない婚活アプリなら周りにも、登録している人は少ない可能性が高いため、新しい婚活アプリやあまりメジャーではないアプリを選択をするというのがこのケースの1つの正解です。

また、Facebookの認証を使った婚活アプリは基本的にFacebookにそのことが通知されないため、バレにくいという特徴を持っています。そのため、今回紹介してきた婚活アプリの中から該当するものを選ぶのも正解です。

婚活アプリ選びは自分らしく

現在web上には、様々な特徴を持つ婚活アプリがたくさんあります。では、実際どうすれば「自分らしい」婚活ができるのでしょうか?
答えは簡単。自分の気持ちを確認することとライフプランを見直すことです。

気持ち

婚活をしている方の中には、「婚活による自分磨きをもう少し続けたい」、「そこまで結婚にガツガツしたくない」という思いを秘めている場合もあります。また、「周りから結婚するよう進められてはいるけど、今すぐに結婚を決意することはできない」。
のような複雑な心境をお持ちの方も多いようです。
これらの感情がまだ自分の中にあるということは、まだ「婚活適齢期」にはなっていないということです。まずは、今回あげたような婚活アプリではなく、色々な人と出会うことのできる、CROSS MEやTinderのようなゆるい婚活アプリや同じ趣味の人が集まれるミールなどでネット上の出会いを楽しんでみてください。
ただし、結婚の先の結婚生活や子供の養育も視野に入れて考えている場合は、高齢化するにつれて実現する可能性が低下していくので、できるだけ計画的な今活をする必要があります。

年齢

また、婚活アプリの中には20代向けや30代向け、40代向けなどの年齢を区切ってサービスを行うものもあります。自分の年齢に近い方とお付き合いしたい方はこちらを利用すると良いでしょう。
20代向け婚活アプリ マッチブック ゼクシィ縁結び
30代向け婚活アプリ omiai ペアーズ
40代向け婚活アプリ マッチドットコム ユーブライド
また、安全性を重視するなら、20代の方でもマッチドットコムやユーブライドのような独身証明書や学歴証明書の任意提出があるアプリを、選択するのもよいでしょう。

まとめ

婚活アプリは、様々なニーズに答えるよう日々進化しています。今回種類別に婚活アプリを紹介しましたが、基本的に婚活アプリ選びは、自由で安全性さえ確保されていれば、どのように活動しても問題ありません。是非あなたらしい婚活を楽しんでください。

この記事を書いたひと

岩井美樹

1987年生まれ。
日本の伝統文化をこよなく愛し、國學院大學で日本史・考古学・博物館学・神道学などを学び、今もその知識の海におぼれる日々を送っています。
趣味は日本旅行で、日本の様々なところに赴き、地域文化に触れ見聞を深めています。
ユーザーファーストの記事の作成を心掛けています。

おすすめ記事

  1. 忙しい社会人には「朝コン」「昼コン」がおすすめ!朝婚活と昼婚活で効率良く恋人探し…
  2. 正直、子ども好き?嫌い?嫌いな人は意外と多かった。200人アンケート「子どもに対…
  3. 体も心も癒せる「ヨガ婚活」が人気!ヨガコンを開催している会社3選
  4. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  5. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  6. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン5選
  7. ぽっちゃり女子との出会い!おすすめ婚活サイト&パーティー6選 【恋活】




人気記事

最近の記事

  1. 趣味で出会えるアプリ4選!趣味で友達や恋人を作りたい人におすすめ!
  2. Facebookなしで登録できる婚活アプリ4選!フェイスブックをやってない人必見…
  3. 大手企業勤務の男性と結婚したい!婚活パーティー&街コンや合コン4選
PAGE TOP