婚活中の初対面で気をつけたいNGトーク&言動5選

はじめに

婚活を始めて、異性との出会うは増えたけれどなかなかお付き合いまで発展しない。

マッチングアプリや婚活サイトで出会ってもなかなか次のデートに繋げられない、婚活パーティーに参加してもカップリングできない…なんて悩んでいませんか?

もしかしたらあなたの何気ない一言や行動が印象を悪くしてしまっているかもしれません。

自分は楽しいと思って話していてもお相手は楽しんでいないのかもしれません。

婚活において第一印象やはじめの会話というのはとても大事で最初の1回で「また会いたい」「もっと知りたい」と思ってもらわないと次は無いのです。初対面の異性と接するときに気を付けたいNGトーク&言動をご紹介します。

1.相手のことを否定する

まず、一番やってはいけないのが、相手のことを否定すること。

誰でも褒められると嬉しくて、自分のことを否定されたら嫌な気分になりますよね。婚活は討論の場ではありません。

また相手の悪いところを見つけて指摘する場でもありません。

自分と考え方や価値観が異なると思う場面もあるかと思いますが、そんなときに「あなたの考え方は理解できない」や「その価値観は間違っている」と否定してしまう人も少なくありません。

例えば婚活パーティーや初対面の食事の限られた時間の中で、知ることの出来るのはその人のほんの少しなのです。

合わなくて当然、そのひとつの考え方や価値観が合わなくても、もっと深く知り合っていけばもっと合う面がみつかるかもしれません。初対面で自分の話や意見を否定されて、その相手に良い印象を持つ人がいるでしょうか?いませんよね。

自分のことを否定された人に「もう一度会いたい」と思うでしょうか?相手の意見を否定することでまた会えるチャンスを自ら潰してしまうことになりかねないのです。

誰でも皆、自分の話や意見を肯定してもらうと嬉しい気持ちになります。

なるべく相手もいいところに目を向けてください。相手の話を絶対に否定せずに、肯定をすることを心がけてください。

またその際には、相手にわかりやすく笑顔でうなずいたり、「いいですね!」と同調する相槌をうったりすることも効果的です。

2.「結婚したら…」結婚生活についての具体的な話

意外と多いのが、初対面で自分の結婚観を語ったり、相手がどんな結婚生活を望んでいるかを質問したり人。

結婚願望の有無や結婚したらどこに住みたいか、子供は何人欲しいか、結婚後専業主婦になりたいか、または働いて欲しい…など。もちろん、婚活は結婚相手を探す目的で行う活動であり、結婚相手を探すのであればどんな結婚生活を送りたいか、など結婚についての価値観の擦り合わせというのはとても大事なことだと思います。

しかし、初対面でお互いよく知らないうちから「結婚」について語られたり質問されたりすると驚いて引いてしまう人も多いのも事実です。

理想通りの結婚相手を見つけたい、と望むことも当然の感情ですが、なにもかもが理想通りにいくわけではありませんし、思った通りにならないことを協力して擦り合わせていくことも大切なのではないでしょうか。

また好きな人となら、今後人生を共に歩んでいく相手となら理想通りの結婚生活でなくてもやっていけるはずです。

お相手の結婚観を知りたい、自分の結婚観を伝えたい気持ちはわかりますが、まずは相手がどんな人なのか、自分がどんな人間なのかお互いを知り合うことが初対面の場では一番大切なことではないでしょうか。

3.過去の婚活体験の話をする

共通の話題は盛り上がりやすいですが、初対面で話してはいけない共通の話題があります。

初対面のふたりに共通していることは「婚活中」であること。失敗談や悔しい思い、悲しい思い、話のネタはたくさんあるかと思いますが、この話題は話さない方が吉。

よく聞かれる質問が「今まで何人と会いましたか」や「婚活でお付き合いに発展したことはありますか」という質問。非常に困ります。沢山会っていると思われても嫌だし、嘘もつきたくないし、この質問に何の意図があるのかもわかりません。

また婚活で出会ったお相手の悪口を言う人がいますがもってのほか!「この人は、自分のこともこうやって他の誰かに悪く言うのかな…」と思われるかもしれません。

同じ婚活仲間として、どんな風に活動をしているのか、どんな人がいるのか気になる気持ちはわかりますが、特に初対面では婚活の話は避けたほうがベターです。

4.身だしなみに気を使わない

男女ともに不潔な人を好む人はいませんよね?付き合いが長ければ、人間性や性格の良さに魅力を感じて好きになることもあるかと思いますが婚活においては初対面での印象で全てが決まると言っても過言ではありません。

身だしなみを整えることはお相手への誠意でもあります。「外見で判断する人は嫌だ」と言う前にきちんと身だしなみを整えることを心がけましょう。目につきやすい身だしなみ3つのポイントをお伝えします。

1つ目は毛。髪の毛をきちんセットしておく、また髭や無駄毛処理しておく。それだけでずいぶんと「きちんとした人」という印象を与えることが出来ます。

意外と鼻毛が出ている男性って、多いんですよ。鼻毛が出ているだけでもう第一印象は「鼻毛の人」になります。

2つ目はにおい。遅刻しそうになって走ってきたのでしょうか、大量の汗をかいている男性を見かけたこともあります。婚活パーティーなどは狭い個室で話すことも多いのでお相手のにおいが気になるやすいので気を付けたいポイントのひとつです。

また女性の場合は香水の付けすぎにも気をつけましょう。

3つ目は垢。鼻クソ・目やに・歯垢…至近距離で離すことも多い婚活の場では目につきますし、だらしない人という印象を与えかねません。出かける前に鏡を見て、ひとつひとつチェックをしてみることをオススメします。

5.距離感が近い

仲良くなりたい気持ちはわかりますが、初対面にも関わらずくだけたタメ語を使ったり、ボディタッチをしたりと距離を詰めたがる人がいますが、これはNG。初対面の相手には基本的に敬語を使いましょう。

相手が年下や同い年とわかったときに急に親近感がわくこともありますが、特に婚活パーティーなどの短時間の場合は最後まで敬語を使うことで「真面目な人」や「きちんとした人」のイメージを与えることができます。

突然のタメ口やまた「ウケる」や「まじで」などあまりカジュアルな言葉遣いも、まだ関係を築いていない段階だと相手に不快感を与える可能性がありますので控えた方が無難かと思います。

ただし、マッチングアプリなど、予めメッセージなどでやり取りをして「敬語はやめましょう」と約束を交わしている場合に限っては敬語に拘り過ぎなくても良いかと思います。

また関係が深まっていない段階でのボディタッチや、顔やからだを近づけるなどの身体的な距離を近付けることも、相手を深いにさせることが多いので控えたほうが良いかと思います。

特に男性は、恐がらせてしまう可能性もあるので気をつけてください。
こちらの関連記事もおすすめです!

さいごに

人の印象は3~5秒で決まり、5分話したときに感じた印象はその後くつがえることは殆ど無いと言われています。

つまり婚活パーティーや異性との初対面の場において「第一印象」は最も大切と言っても過言ではないでしょう。

なに気ない一言や行動が印象を悪くしてしては勿体無いと思いませんか?逆に、第一印象を良くすれば婚活の成功率が飛躍的に高くなるのです。初対面の異性と接するときに気を付けたいNGトーク&言動を5つご紹介しました。

共通して言えるのは、相手に不快感を与えないこと。

相手の立場になって、どんな人とは話したくないと感じるのか、一度立ち止まって考えてみてください。婚活パーティーで成功を掴む第一歩を踏み出しましょう!

おすすめ記事

  1. 忙しい社会人には「朝コン」「昼コン」がおすすめ!朝婚活と昼婚活で効率良く恋人探し…
  2. 正直、子ども好き?嫌い?嫌いな人は意外と多かった。200人アンケート「子どもに対…
  3. 体も心も癒せる「ヨガ婚活」が人気!ヨガコンを開催している会社3選
  4. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  5. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  6. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン5選
  7. ぽっちゃり女子との出会い!おすすめ婚活サイト&パーティー6選 【恋活】




人気記事

最近の記事

  1. 趣味で出会えるアプリ4選!趣味で友達や恋人を作りたい人におすすめ!
  2. Facebookなしで登録できる婚活アプリ4選!フェイスブックをやってない人必見…
  3. 大手企業勤務の男性と結婚したい!婚活パーティー&街コンや合コン4選
PAGE TOP