30代は結婚できるかできないかの境目!30代男女の結婚事情を読む!

結婚したい男女にとって30代は勝負のときです。

20代の結婚は流れと勢いに任せても何とか乗り切れるものですが、30代ともなるとそうはいきません。会社でのポジションも定まり、周囲の注目度もあがってきます。

そうなると自然、結婚相手に求めるものも大きくなってしまいがちですが、結婚となると30代は20代より難しくなるのが現実。特に女性は、20代と30代では婚活市場でのポジションが大違い。20代と同じ気持ちでのんびり婚活をしていると、結婚のチャンスはどんどん逃げていってしまいます。

ということで今回は、結婚したい30代男女が知っておくべきポイントに注目しながら、30代の結婚事情をみていきましょう!

流れに任せていると結婚できない!

「結婚は縁のもの、無理せず自然に任せたい」そんな風に思う人も少なくないでしょう。年配の方、昔かたぎの方などは、婚活という言葉そのものに抵抗があるようです。

確かに、婚活などせず男女がであって結婚にいたるほうが自然な流れですよね。実際、一昔前までは、誰でも自然に結婚できました。昔の結婚は、砂場で砂を拾うようなものだったのです。

ですが、残念ながら、現在の日本では、結婚は砂丘で砂金を探すような大仕事になっています。特に、30代を過ぎて地に足のついた結婚をしようと思うなら、自覚的、計画的な婚活を行うことが大事なのです。

流れに任せてなんとなくやっていると、時間をとられるばかり。いつまでやっていても、結婚にはつながりません。この現実をまず自覚しましょう。

30代女性の婚活は素手で決闘するようなもの?!

特に、30代女性の婚活は、計画的に行わなければ勝算は見込めません。

女性の場合、20代と30代、30代と40代ではまったく別の扱いになります。30代女性は自分と同世代か自分より少し年上(30代から40代前半)の男性を結婚相手に望みますが、その年代の男性が結婚相手に望むのは、20代の女性です。的に矢を当てようにも、その的がこっちを向いていないような状態ですね。

30代の女性が婚活市場で理想の相手を見つけるのは、素手で決闘するくらい勝ち取るのが難しいものだと覚悟してとりかかる必要があるのです。

30代は結婚相手を見直すとき

30代の婚活で最も大事なのは、結婚相手の見直しです。特に女性は、たとえ付き合っている男性がいても、彼が結婚を考えているかどうかをしっかり確かめておきましょう。情に流されていては、結婚は遠のいてしまいます。

男性でも、女性でも、恋愛相手に求めるものと結婚相手に求めるものは違います。恋愛中は刺激的で楽しい相手を求めても、結婚するなら一緒にいて寛げる人、安心して暮らせる人を選ぶもの。その点においては、時代が変わっても、また、男女間においても、大きな違いはありません。

婚活中、異性に出会うと、どうしても自分のタイプの人に目がいってしまいます。この「タイプの人」というのは、恋愛モードの「タイプの人」であることが多いものです。

イケメンにばかり目が行く、デートまではいくものの、数回会うと自然消滅してしまうというような人は、「結婚相手」として異性をチェックできていない可能性があります。こういう人は、異性を見る目を恋愛モードから結婚モードにパチッと切り替えることが大事です。

結婚して良い相手かどうか見極める

婚活が停滞してくると、何とかして停滞ムードを打ち破ろうと、妥協モードに転換する人がいます。これもちょっと要注意です。

妥協そのものは婚活では必要な転換です。ただし、して良い妥協としてはいけない妥協があります。とりあえず結婚したいからと、本来なら無視できないような点を許容するのは良くありません。

たとえば、ギャンブルやアルコール依存といった習慣性の高い悪癖。また、借金癖があったり、金遣いが荒かったりといった性格上の欠点。こうした点が交際中に発覚したときは、安易に妥協するのはやめましょう。

婚活中とはいえ、結婚は目的ではなく、新しい人生のスタートなのです。結婚して良い相手かどうかは、しっかり見極めるようにしましょう。

30代は自分を見直すとき

30代で婚活を始める際は、結婚相手を見直すとともに、結婚相手としての自分も見直してみることがお勧めです。

30代というのは、社会の中でも自分のポジションが変わってくるときです。会社での地位や影響力があがってきて、周囲の見る目も違ってきます。「新人」「若い人」といったカテゴリーから、「中堅」「ミドル」といったカテゴリーに移っていく過渡期です。元気で威勢が良ければ何とか切り抜けられた20代とは違って、中身をじっくり見られるようになります。

婚活市場でも、30代の男女に求められているのは、20代の男女と同じものではありません。男性なら30代相応の経済力の他、知性、包容力、社会性などが求められます。女性の場合も、20代女性にはない経済力、仕事能力がアピールポイントとなることもありますし、男性同様、包容力や知性が求められます。

そうしたものを自分がちゃんと備えているかどうか、鏡のなかの自分に問いかけてみましょう。

結婚相手としての自分を客観的に見てみる

特に、女性の場合、自分が男性を結婚相手として品定めしているように、自分自身も結婚相手として品定めされているということを忘れないようにしましょう。

いまの30代は、外見的には若く見えます。ただ町を歩いているだけなら、20代の女性と同じ様にモテることもあるでしょう。ですが、生物年齢がモノをいう婚活市場では、30代は30代。男性の眼からみると、結婚相手としては一段下がった存在です。この事実は客観的に捉えておきましょう。

また、30代の婚活女性の特徴として、男性を見る目が獲物を探す獣のような目になってしまっていることがあげられます。これでは、ギラギラしすぎて怖いと引かれてしまいます。婚活が苦闘しているときでも、女性らしい柔らかい雰囲気は失わないようにしましょう。

30代は結婚スタイルを見直すとき

30代ともなると、結婚後を見通した婚活をしていきたいものです。そのためには、結婚後の生活スタイルについてもしっかり見直しておきましょう。30代での結婚となると、仕事や家庭での役割もあります。とりあえず結婚して、生活は後から・・・というわけにはいきません。

結婚したら仕事はどうするのか、夫婦の家計はどうするのか、自分の貯金はどうするのか、そうしたことも結婚相手と話し合って決めていくことになります。どういう相手となら上手くやっていけるかということを、婚活のなかで考えていきましょう。

堅実な結婚プランを!

30代女性にはセレブ婚に憧れる人も多く、セレブ婚活やハイクラス婚活に足しげく通う人も少なくありません。高学歴で高収入、美人でスタイルが良く、仕事や家庭の事情で婚期が遅れたというタイプの女性たちです。

こういうタイプの人はなかなか理想の条件を下げられないものですが、ハイクラス婚活は30代女性には厳しい状況になっています。収入の高い男性はどうしても20代の若い女性を求めるからです。

また、ハイクラス婚活に参加する若い女性は容貌に自信のある人が多く、モデルクラスの女性もいます。セレブ婚に憧れるからといって、ハイクラス婚活に拘っていては、時間を浪費するばかりです。成果がでないと思ったら見切りをつけ、自分にあった堅実な結婚プランをたてましょう!

まとめ

30代の結婚はかなり高いハードルです。

だからといって、ハードルはハードル。しっかり助走して、踏み切り点、着地点を見据えてさえいれば、越えられないものではありません。

30代婚活で大切なのは、「考えること」。どんな相手と結婚したいのか、自分はどう見られているのか、そして、どんな結婚生活を送るのか。30代ともなれば、「とりあえず結婚したい」ではなく、先の先まで考えて婚活することが大事です。

焦って妥協したりするのではなく、自分の客観的価値を知った上で、堅実な婚活をしていきましょう!

この記事を書いたひと

Vicky

Vicky

VICKYです。東ヨーロッパを拠点に活動するフリーライター兼キュレーターです。バツイチで、現在はロシア系ウクライナ人のパートナーと同居中。FRANK PARTYでは国際結婚、国際恋愛を中心に、恋活、恋愛テクニックに関する記事をお届けしています!黒猫とオレンジジュースとあんまりパリッとしてないクロワッサンが好き。よろしく!

おすすめ記事

  1. 忙しい社会人には「朝コン」「昼コン」がおすすめ!朝婚活と昼婚活で効率良く恋人探し…
  2. 正直、子ども好き?嫌い?嫌いな人は意外と多かった。200人アンケート「子どもに対…
  3. 体も心も癒せる「ヨガ婚活」が人気!ヨガコンを開催している会社3選
  4. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  5. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  6. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン5選
  7. ぽっちゃり女子との出会い!おすすめ婚活サイト&パーティー6選 【恋活】




人気記事

最近の記事

  1. 趣味で出会えるアプリ4選!趣味で友達や恋人を作りたい人におすすめ!
  2. Facebookなしで登録できる婚活アプリ4選!フェイスブックをやってない人必見…
  3. 大手企業勤務の男性と結婚したい!婚活パーティー&街コンや合コン4選
PAGE TOP