婚活で避けられるアラサー女子の特徴5点

30歳前後で婚活を始めた女子が気付くのが、婚活市場はアラサー女子に厳しいということ。

同世代の友人たちとばかり付き合っているとなかなか気がつかないものですが、30歳近くなると男性のアプローチが違ってきます。

同世代の男性からのアプローチが減って、年上のオジサンたちから声がかかるようになります。自分の望むものが得られず、望まないものから望まれる納得のいかない年代、それが女性にとってのアラサー(アラウンド・サーティー)です。

特に、婚活市場ではアラサー女子の評判が良くありません。

勿論、アラサーでもモテる女子はモテます。ただ、そうしたモテるアラサー女子はすぐに相手を見つけて婚活を卒業していくので、後に残るのは婚活地獄に嵌りかけたモテないアラサー女子ということになります。

こうしたモテないアラサー女子には特徴があります。

そこで今回は、婚活シーンで避けられるアラサー女子の特徴を見ていくことにします。避けられるアラサー女子の特徴を排除して、婚活地獄を卒業しましょう!

婚活で避けられるアラサーと避けられないアラサーの違い

アラサーだからといって誰もがみんな避けられるわけでは勿論ありません。アラサーでもモテる女子はモテるのです。どんなパーティーにでても、20代前半の若い女性よりモテるアラサー女性もたくさんいます。

どういうアラサー女性がモテるかというと、まず、話術の巧みな女性。特に、聞き上手な女性です。婚活市場にくる男性は女性とのお付き合いにあまり慣れていません。こうした男性たちをさりげなくリードして会話を引き出せる話術のある女性は、アラサーでもアラフォーでも、必ずモテます。

外見的には、落ち着いたキレイ系ファッションで、ケバケバしくない大人の色気を醸しだしている人。また、笑顔や物腰が柔らかで、受け答えに包容力が感じられる人は、男性人気抜群です。

モテないアラサー女性というのは、こうした要素がない女性です。では、それらの駄目要素を細かく見ていきましょう。

「眼がハンター」女子は避けられる!

婚活市場で嫌われるアラサー女子の特徴、まずは、眼つき。

眼つきが狩人のようになってしまっている女性は、男性から避けられます。婚活を始めて1年以内の女性と、2年、3年と婚活パーティーに出続けている女性とでは、眼つきが違ってくるのです。

自分の目線というのは、自分ではなかなか気付きにくいものですが、婚活市場に長くいる女性は、目がハンターになってしまっています。男性と相対すると、自然に相手を値踏みしているのです。

婚活中の男性というのはデリケートです。

男性は女性と違って、普段自分を品定めされることはあまりありません。それがパーティーなどの場で外見やスペックを秤にかけられます。あまり面白いことではないですよね。

女性でも、品定めするような眼つきで上から下まで舐めるように見られたら、良い気はしないでしょう。慣れていない男性なら、尚のこと。がっついた雰囲気の女性は、婚活市場では敬遠されることになります。

勿論、婚活パーティーなどでは、相手を見定めるのはとても大事なことです。

ただ、態度や話し方に獲物を狩るハンターのような鋭さがみえると、男性側はげんなりしてしまいます。相手をみるときは、あくまでもさりげなく、不愉快を与えないよう、目配りするようにしましょう。

会話が下手な女子は避けられる!

モテるアラサー女性というのは、会話が巧みなタイプだと先に述べました。逆にいうと、モテないのが、会話の下手なタイプです。

20代、30代、40代の男性がアラサー女性に求めるのは、20代前半の女性にはない落ち着いた知性と包容力。それが如実に現れるのが、会話力なんです。

会話力というと、お喋りする力だと思っている人がいますが、そうではありません。大人の会話で大切なのは、相手の話をきく力、そして、話を続ける力です。

素人の会話というのは、芸能人のトークのように笑いどころもありませんし、話のポイントも曖昧です。そうしたぼんやりした会話の核をつかんで理解し、相手に話を振るのは簡単なことではありません。これができる人は上級の会話力保持者といっていいでしょう。

30歳前後になると、若い女の子のような、元気の良い高いテンションは保てなくなってきます。それを補って余りあるのが、こうした受身の会話力。会話が苦手な人は、諦めず、普段の生活から会話力の向上をはかるようにしましょう。

若作り&ぶりっこ女子は避けられる!

アラサー婚活で最も痛いのが、若作りのぶりっこ女性です。

前項で述べたように、アラサー女性に求められているのは、大人っぽさ、優しさ、穏やかさなど、若い女性にはない落ち着きです。ところが、女性の中には、幾つになっても若々しく見せたいという願望から逃れられない人がいます。

こうした女性達は、30歳になっても、35歳になっても20代のころと同じ様なファッション、同じ様な話し方、同じ様なリアクションをします。自分のなかではそれが自然に出てくるのでしょうが、周りからみると、年とともにイタさが増してきます。

できれば、30歳を過ぎたら、ファッション傾向から修正していきましょう。

「私は可愛い系の方が似合うから」という人がいますが、普段はともかく、婚活では年相応を感じさせるファッションの方がベターです。外を歩いているときは20代なのか30代なのか誰にも分からないので、可愛い系を着ていれば20代で通ることもあるでしょう。

でも、婚活市場では、年齢を提示します。可愛い感じだから20代だと思ってたら30代だった、というのは、男性側にすればマイナスの落差になってしまうことをお忘れなく。

親離れできていない女子は避けられる!

交際を始めてから嫌われるアラサー女子といえば、親離れできてない女性。

社会人経験のない人、社会人経験はあるけど一人暮らしの経験がなく、ずっと親元にいる人にこの傾向は顕著です。最近の婚活男性には家事・育児も分担するという人が少なくありませんが、それでも、男性が主力として外で働く以上、女性には家庭を守ることを求めます。

ところが、30歳前後までずっと親元で「娘」として暮らしてきた女性には、家庭の守り手としての自立した女性像が欠けているのです。

親離れできていない女性の特徴は、決断力がないこと。

交際しているなかで、ちょっとしたことも決められず、会話の中で頻繁に「父が・・・」「母が・・・」という女性、家を訪ねても、家事も料理も母親任せ、何もしている様子がない女性は、結婚相手として疑問視されてしまいます。

婚活する以上、結婚後のことも考えて自立した女性を目指しましょう!

自虐的な女子は避けられる!

婚活シーンで避けられるアラサー女性、最後は自虐女子。

若作りも痛いけど、自虐的なのはもっといけません。確かに、婚活地獄におちかけているアラサー女子はついつい自虐的になってしまうもの。

「私なんかオバサンだから」「もう年なんで」「良いなぁ、若い子は」等々の自虐ワードが何気なくクチをついてでるようだと、要注意です。

男性が求めているのは、新生活を共にする新妻。ネガティブワードばかり口にする女性は、はっきりいって願い下げ。

交際の基本は互いを楽しい気持ちにすること。思い通りにいかないことがあっても、腐ったり、暗くなったりせず、明るい雰囲気を保てるよう、努力しましょう。

勿論、体調の悪いときや事情のあるとき、無理に笑顔を作る必要はありません。そんなときは無理して会おうとせず、気持ちが落ち着くのを待ちましょう。大切なのは、相手の気持ちに負担をかけないことです!

まとめ 婚活地獄に陥らないために

アラサー婚活で婚活地獄に陥らないためには、20代前半の延長意識を捨てて、「大人女子」への転換をはかりましょう。

婚活市場には次々と若い女性が参入してきます。彼女たちと同じファッション、同じタイプを狙っていては、差がつくばかりです。

特に、30代にはいったら、20代の女性にはない女性らしさ、色っぽさ、知的な雰囲気などが立ち上るよう、普段から大人女子の女子力を磨いていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたひと

Vicky

Vicky

VICKYです。東ヨーロッパを拠点に活動するフリーライター兼キュレーターです。バツイチで、現在はロシア系ウクライナ人のパートナーと同居中。FRANK PARTYでは国際結婚、国際恋愛を中心に、恋活、恋愛テクニックに関する記事をお届けしています!黒猫とオレンジジュースとあんまりパリッとしてないクロワッサンが好き。よろしく!

おすすめ記事

  1. 忙しい社会人には「朝コン」「昼コン」がおすすめ!朝婚活と昼婚活で効率良く恋人探し…
  2. 正直、子ども好き?嫌い?嫌いな人は意外と多かった。200人アンケート「子どもに対…
  3. 体も心も癒せる「ヨガ婚活」が人気!ヨガコンを開催している会社3選
  4. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  5. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  6. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン5選
  7. ぽっちゃり女子との出会い!おすすめ婚活サイト&パーティー6選 【恋活】




人気記事

最近の記事

  1. おばさんと出会いたい!?熟女と出会える恋活サイトアプリ4選
  2. 動物好きの異性と出会える「ペット婚活」がおすすめ!イベント主催会社などご紹介
  3. バツイチ婚活の基礎&テクニック。障害を避けて再婚に進むための道筋。
PAGE TOP