婚活で年収や容姿などの条件以外に異性に求めるべき大切なことは何か?

婚活される方の中には異性に対して様々な条件を求めることがあります。例えば異性に求めることが「優しさ」ですとか「誠実」という数字や言葉で表しにくいもので、実際にコミュニケーションしなければわからないものであれば問題ありません。

しかし、年収や容姿などの条件で異性を見比べたり、「自分の結婚だから自分の好きな異性を選ぶ」という気持ちが強すぎると婚活では結果を出しにくいでしょう。

今回は異性に対して条件を高めすぎて婚活が上手く行かない方や、婚活で異性に何を求めれば良いのか。異性のどんな部分を見れば良いかわからない方に、異性に求めるべき大切なこと知るための方法の一つをご説明します。

異性から見た自分の条件を並べてみよう

異性から見た自分の条件

まず初めに下記を参考にして自分自身の条件を頭の中に思い浮かべてみましょう。

  • 見た目や容姿、スタイルはどうか
  • 学歴や年収、経歴やスキルはどうか
  • 家柄や友人関係などバックグラウンドはどうか
  • 趣味や特技など人より秀でる部分はどうか
  • 内面や性格など人から見えにくい部分はどうか

上記は結婚相談所や婚活サービスなどでプロフィールの入力項目として、よくある要素です。

言葉や数字で表せるものもありますが、内面や性格については実際に話さなければわかりませんし、初対面でどれだけ伝わるか、伝えられるか難しい部分です。

異性に対して条件を高くしたり、求めすぎる方は自分の条件が見えていません。

結婚や婚活は条件が合う、合わないという機械的な判断ではなく、人と人のコミュニケーションでお互いを知ることが最も重要なことです。

試しに自分の条件を並べて書き出してみて、自分なら自分と結婚したいと思うのか?ということを考えてみましょう。

そして、自分は自分と結婚したくないと思えば、異性も同じことを思います。自分自身の条件を知ることが婚活では本当のスタート地点であると言えます。

しかし、安心してください。

恋愛も結婚も婚活も条件ありきで考え過ぎなければ、自分自身の条件を見て結婚したくないと感じたとしても、結婚することは難しくありません。

婚活で結婚という結果を出すために、条件についてどう考えるべきかを学んでみましょう。

年収や容姿を条件とする理由は何か

年収や容姿

異性に条件を求めてしまう時にチェックすべきポイント

  • 年収や容姿の条件は自分の意見なのか
  • 異性に条件を求める必要があるのか

婚活で条件を考える方は基本的には世間の常識や一般的な考え方を素直に信じられる人が多いと言えます。

例えば、「どうせ結婚するなら年収が高くてイケメンがいい!」という世間一般的にありがちな男性への条件を持つならば「年収が高いイケメンと結婚する具体的な方法」にたどり着く必要があります。

次に「自分はどうして年収が高いイケメンと結婚していないんだろう?」と考える必要があります。

そして年収が高いイケメンと結婚できないのは、自分自身が「年収が高いイケメン」と結婚出来る条件を備えていないことが理由だと自分で気が付かなければなりません。

年収や容姿を条件とするのは自分の意見?

年収や容姿を条件とするのは自分の意見?

ここで考え方を切り替えてみましょう。自分がなぜ年収や容姿を条件とするのか。

年収は生活する上でお金はあればあるほどよいという考えでしょうか。容姿については美人だったり、イケメンであることのどの部分が結婚することでメリットになるのでしょうか。

年収や容姿、学歴や経歴など結局は「理想とする男性像・女性像」のような情報を元に思い描いている条件でしかありません。

そもそも結婚されている方の多くは「相手の条件」なんて考えて結婚していません。もちろん、美人だったから、イケメンだったから好きになったというのは理由になるでしょうし、高い年収を得るための努力や経緯や能力などを好きになることもあります。

簡単に説明すると順序が逆だということです。しかし、婚活で異性に条件を求めるかたは気が付かないままに条件に合った異性と結婚したいと考えます。

そして年収や容姿などを条件とするならば、自分自身も条件に見合わなければ「結婚する条件を満たさない異性」として捉えられることを忘れてはいけません。

異性に条件を求める必要はあるのか

異性に条件を求める必要はあるのか

異性に対して条件を求める時は一度冷静になって「この条件をなぜ異性に求めるのか」を考えてみましょう。

同時に異性に求める条件を自分自身が満たしているのかどうかをチェックすることが大切です。

もし、異性に条件を求める理由が無く、自分も異性に求める条件を満たしていないのであれば、異性に条件を求めるべきではないということに気が付いてください。

婚活で異性に条件を求める方は「条件で結婚するべき相手をフィルタリングしている」ことを自覚しましょう。なぜ、婚活が上手く行かないのか理解するためにも早い段階で気が付くことをおすすめします。

条件以外で大切なことは何だろう

条件以外で大切なこと

婚活で条件以外に大切なことを考えるときのポイント

  • お互いに歩み寄ること
  • 相手の気持ちを考える

前提として異性に条件を求め過ぎないことができれば、次は自分自身の条件ではない部分を見てもらうためにどうするべきかを考えます。

異性に対して求めるべき大切なことは何だろう?自分自身に問いかけた時にどんなことが思い浮かぶでしょうか。

もし答えがすぐに浮かばずに「わからない」と思ったのなら正解です。なぜかと言うと、異性と出会いコミュニケーションする中で、異性そのものを求める=結婚したいと思うことが一番大切だからです。

相手にとっても同じで、あなた自身を必要とし、結婚したいと思ってもらえなければ結婚することはできません。

お互いに歩み寄ろう

お互いに歩み寄ろう

異性に求めるべき大切なこととは、「自分を受け止めてくれる」という一言に尽きます。

同時に自分でも異性に対して自分を伝えられるように、条件だけではなく「自分らしさ」や「素の自分」を好きになってもらえるようにする必要があります。

自分を受け止めてもらうためには、相手をしっかりと見て受け止める必要もありますね。

お互いにどの部分を見れば良いのか。自分の良さを強調するだけではなく、一緒に居ることの心地良さや、お互いに支え合うことができそうなのかどうか。一般的な婚活で条件とするもの以外で、自分が異性に必要とされるものに何があるかを考えてみましょう。

相手の気持ちを考える

相手の気持ちを考える

婚活では自分目線になると結果が出しにくいです。相手の気持ちを理解して、相手の立場になって考えることが「お互いを理解する」ことに繋がり、結婚するべき相応しい人を探すために役立ちます。

もちろん、自分の気持ちを蔑ろにしろという意味ではありません。自分の気持ちを知ってもらうために、相手の気持ちや考え方を知ろうとする態度が必要であるという意味です。

根本的に「自分が選ぶ立場」だと思っている方は結婚には不向きです。

婚活では選ぶことや選ばれることも大切ではありますが、他の人と比べて秀でているから選んだという意識よりも、「お互いに結婚したい」と同じ目標に向かって歩いていけると感じることの方がより大切です。

お互いに結婚したいと思えるようになるには、お互いに興味を持ち、お互いが歩み寄れるようになり、お互いが好きになる必要があります。

結婚の良いところは「これから好きになる」でも十分に結婚する理由になることです。『愛を育む』という言葉はとても素敵な言葉であり、まさしく結婚を表す言葉だと思います。

好きになることは少しずつでも大丈夫です。むしろ嫌いになったり、好きになったりの繰り返しが夫婦生活では当たり前になります。

好きも嫌いも含めて「一緒に居たい」と思える異性との出会いを望む方が、婚活では結婚しやすいのではないかと思います。

条件を求めなければ結婚できるの?

条件を求めなければ結婚できるの?

条件について考えるときのポイント

  • 条件を求めすぎることのデメリット
  • 健康的で幸せな生活のための条件
  • 最低限の条件を高くしない
  • 自分の魅力を知る場合もある

婚活で条件を求めても結婚出来る方も確実に存在します。理由としては異性に条件を求めるに値するものをご自身が持ち合わせている方です。

年収や容姿、能力や経歴に見合った異性を求めることは条件を求めることには繋がりません。

もし、あなたが自信があり、自分に見合った異性と結婚したいと考えるのであれば条件を求めて婚活しても良いでしょう。

条件を求めすぎることのデメリット

条件を求めすぎることのデメリット

異性に条件に必要以上の条件を求めることのデメリットは、例えば「年収600万円以上の男性」と条件を定めたとすれば、「年収600万円以下の男性」は結婚対象ではないと自分自身で「結婚できる可能性」を低くしてしまうことです。

条件を妥協したくないというプライドは結婚へのハードルを高くする結果に繋がります。

もしかしたら「年収550万円の男性」であれば結婚できるのかもしれないと、時には柔軟に考える方が気持ちも楽ですし、結婚へのハードルが下がるのでおすすめです。

では、次に健康的で幸せな生活のための条件について、どう考えるべきか見てみましょう。

健康的で幸せな生活のための条件は別の話

健康的で幸せな生活のための条件は別の話

条件を求めないと言っても、「無職で借金が多くて礼儀がなくて乱暴で…」などと最初から結婚するべきでない相手まで結婚対象として考えようということではなく、最低限の生活に必要な収入や価値観、一般常識や健康体など、ご自身と同じような属性の異性を求めることは、相手に条件を求めることとは別の話です。

条件を求めないというのは「ハードルを高くするだけの条件」を求めないことであり、幸せに、健康的に過ごすための条件については求めるべきであるとも言えるでしょう。

最低限の条件を高くしないように

最低限の条件を高くしないように

ただし、最低限の条件を自分ではハードルを高くしていないと思っていても、他の人から見て高い設定にしていれば話は別です。

何の脈絡もなく男性に対して「年収1000万」が条件を出したとすればハードルを高くする以外の何物でもありませんし、条件を満たす男性としか婚活しないのであれば確実に婚期は伸びるか結婚できないという結果が待ち受けているでしょう。

婚活では相手に必要以上の条件を求めないことが大切ですが、逆に求めることで良い影響がある一面もあります。

婚活で本来の自分の魅力を知る場合もある

婚活で本来の自分の魅力を知る場合もある

自分自身の価値がわかっていない方ですと、ブラッシュアップなど自分磨きをすることで本来の自分の価値が高まり、異性に高い条件を求めるために見合った自分になろうと努力する活力にもなるからです。

婚活では異性との出会いとともに、自分を知ること、結婚や恋愛についての勉強など人として成長するチャンスでもあるのです。

人生における男女の出会いは本当にタイミングありきで、異性のために自分を磨く機会がない方であれば、婚活のタイミングで大きく変化することも少なくありません。

男女問わず自分の魅力に気が付いていない方はたくさんいらっしゃるので、もし自分に自信が無い場合は自分の魅力に気が付いていない可能性もあるので、場合によっては自分を磨く方法からスタートしても良いかも知れません。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

まとめ

婚活で年収や容姿などの条件以外に異性に求めるべき大切なこと

  • 異性から見た自分の条件を知る
  • 年収や容姿を条件にしている理由を考える
  • 条件ではなくお互いに求め合えるようにする
  • 最低限の条件を高くし過ぎない

年収や容姿を条件とするならば、自分も見合った条件を持つようにすることも大切ですが、条件ありきで自分が「選ぶ立場」だと考えて婚活するよりは自分を受け止めてくれる人、自分が受け止められる人を基準として婚活するほうが気持ち的には楽ですし、異性との出会いを積極的に増やしながら前向きに進めることができます。

最低限の条件について考える時も、幸せで健康的な生活を送る程度に留めておけば必要以上に高い条件を設定せずに済みます。

本当に結婚するために必要な条件なのか?もし条件が自分ではなく他の人の意見の塊であれば、必要以上に異性に対して条件を求めることは終わりにしましょう。

お互いに好きになれることや、お互いを受け止められることを第一に考えることで、結婚してからの生活で本当の意味で「愛を育む」ことができるのではと思います。

婚活中の方、婚活で条件などで悩み過ぎている方、これから婚活しようと考えている方のお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたひと

Shiori

Shiori

aikoが大好き過ぎる東京裸眼女子です((+_+))
恋愛映画や恋愛小説・俵万智さんの短歌・邦楽のラブソングも大好き!
洋楽も好きで Carly Rae Jepsen の Really Like You は滅茶苦茶おすすめ!
オラフみたいに恋愛のスペシャリスト!?としてお役に立ちたいです←

誰かを好きになること、好きな誰かを見つけることに前向きになってもらえたら嬉しいです((+_+))

おすすめ記事

  1. 朝コン&昼のランチカフェ婚活!おすすめ4選【2018】
  2. ヨガの合コン&婚活パーティーおすすめ4選【2018】ヨガの出会い!
  3. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  4. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  5. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン4選【2018】
  6. 看護師と付き合いたい!看護師と出会える婚活・恋活サービス5選
  7. 保育士と結婚したい!婚活パーティー&出会いアプリ4選【2018】
  8. ぽっちゃり女子との出会い!婚活パーティー&恋活サイト7選【2018】
  9. 公務員男性と出会える婚活パーティー&街コン6選【2018】
  10. 30代婚活パーティーおすすめ6選【2018】アラサーの方必見!




人気記事

最近の記事

  1. 商社マンと結婚したい!婚活パーティー&アプリ5選【2018】
  2. 士業の男性と結婚したい!おすすめ婚活アプリやサイト&パーティー6選
  3. 神社の出会い!縁結びパーティー&婚活イベント6選【2018】
PAGE TOP