『バツイチ』を味方につける!素敵な再婚に向けて心得ること。

カップル

バツイチ婚活の難しさ

女性と子供

昔に比べると、今やバツイチの人も非常に多い時代となりました。
バツイチの人は結婚に失敗したことで、多かれ少なかれトラウマを抱えている人もいます。

また離婚してしばらくは生活も大変ですし、再婚する気がないという人も意外と多いものです。
けれども離婚後独り身が長くなってくると、もう一度恋愛をして誰かと将来を共にしたいと考えるときが出てきます。

年を取るにつれて、老後一人というのも心配になってきますし、寂しく感じることが増えてくるのです。
そこで再婚をしたいと思ってパートナーを探すものの、バツイチであることが婚活の妨げになることがあるのも事実です。

たとえば女性で子供を引き取っている場合に、子供がいることも理解のうえで交際してくれる相手でなければいけません。
子供が相手になつくかどうかも重要になってきます。

子連れ再婚の難しさを感じている人は多いのではないでしょうか。
また奥さんが子供を引き取り自分は一人暮らしをしているバツイチ男性は、一見何も支障がないように思えますが、養育費という問題が発生します。

養育費を渡していることで収入が減るということを理解してくれる相手でなければ、再婚はできないでしょう。
さらに別れた妻の子供に会いに行くことを許せないという嫉妬深い女性がいるのも確かです。

子供に面会に行くことに対しても、理解が必要なのです。
また初婚者の中には、離婚経験者というだけで敬遠してしまう人もいるようです。

このように、バツイチであることで婚活にも様々な壁が生じてしまいますが、上手にクリアしていくコツもあります。
実際周りには、バツイチでも幸せな再婚をした人はいませんか?意外とたくさんの人が、バツイチ再婚を果たしているはずです。

まずは再婚するための対策や心構え、コツを知りましょう。

無事に再婚するための婚活ポイント

再婚する

幸せな再婚をするためには、まず守らなければいけないことやポイントがあります。
もし気に入った相手が現われた場合、バツイチであることを隠すことはやめましょう。

嫌われてしまうのではと思ってなかなか言い出すのに勇気がいるかもしれませんが、隠して付き合い始めてもいつか相手を傷付けるだけです。
きちんと初めに、離婚歴と子供の有無、養育費の有無は伝えておきましょう。

また子供がいる場合は、あくまでも子供優先で婚活をすることも大切です。
自分のことだけでなく子供のことも大切にしてくれる相手を探したいものです。

そして過去の失敗は繰り返さないように、反省すべき点は反省して改善しましょう。
失敗と経験を糧にして頑張れば、きっと素敵な再婚ができるはずです。

次に婚活のポイントとして、できれば同じバツイチの相手との出会いを探すほうがスムーズにことが運ぶケースが多いです。
バツイチ同士なら共感できる点も多いですし、結婚の現実も知っているので冷静に交際できます。

婚活方法にはいろいろありますが、自分に合った方法で活動することもポイントです。
ここからは、いくつかの婚活方法を紹介し、そのメリットとデメリットなどを紹介していきます。

バツイチで婚活パーティーに行くなら

婚活パーティー

婚活者の間で人気を呼んでいるのが、婚活パーティーです。
小規模なものから、総勢50名ほどの大規模なパーティーまで様々あります。

婚活パーティーの良さは、実際にたくさんの異性と会って話せることがまず一つです。
パーティーでは一対一で話す時間が設けられていることが多く、その時間を利用して自分をアピールできます。

ただ、婚活パーティーは人見知りの人には向いていません。
初対面の人とうまく喋れない人がパーティーに行っても、何も自分のことを話せないまま帰ることになります。

恋に積極的なタイプの人なら、気に入った人に対して自己アピールもしっかりできるでしょう。
中には女性でも、自分から誘う人もいるくらいです。

婚活パーティーは、どちらかというと異性慣れしている人、恋の上級者向けと言えるでしょう。
最近では婚活パーティーもいろいろな参加条件付きのものが増えています。

年齢制限や職業制限、年収いくら以上の人など条件が決められており、それをクリアした人だけが集うことができます。
バツイチ婚活者は、こうした条件付きの婚活パーティーを探して参加すれば、良きパートナーと出会いやすくなります。

たとえば、「離婚経験者・子持ちバツイチ限定」という条件のパーティーであれば、バツイチだらけの集いなので良き理解者と出会えるかもしれません。
バツイチで子供はもう産めないという人なら、40代以上限定のパーティーを選ぶのも良いでしょう。

このように、婚活パーティーに参加するのであれば、自分の性格に合っているかをまず考え、条件付きパーティーを上手に活用するのが得策です。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

実はバツイチの婚活に向いている出会い系サイト

バツイチ向けの婚活サイト

次に紹介するのは、婚活サイトと呼ばれる出会い系サイトです。
以前は出会い系を使うのは危険という考えもありましたが、今は身元確認などもしっかり行われ、良質のサイトが多々あります。

実際婚活サイトによって出会い結ばれた人も多いです。
婚活サイトは、バツイチの婚活にも向いています。

なぜなら、プロフィール欄を見ることで相手の離婚歴や子供の有無などがすぐに分かるからです。
聞きにくいこともプロフィールを見れば一目瞭然なので、自分の条件に合った相手を探しやすいのです。

「バツイチで少しトラウマもあります。いろいろ共感し合える良き理解者をゆっくり探したいです」などとプロフィール欄に書いておけば、同じような気持ちを持つ異性からメールが届くでしょう。
そこからゆっくりメールやり取りをして、恋に発展させていくのも良い形です。

また母子家庭で仕事も忙しいママでも、婚活サイトであれば空いた時間にメールのやり取りをすることで活動していけます。
女性は無料や料金が安いサイトも多いので、経済的負担にもならないという良さもあるのです。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

結婚相談所に登録も良し

スマホを操作する女性

最近は全国各地に結婚相談所も増えてきました。
バツイチの婚活では、結婚相談所を利用するという手もあります。

ただし、多少婚活費用がかかる場合も多いので、収入面と相談して登録したいものです。
結婚相談所では、スタッフがしっかりと出会いをサポートしてくれるので心強いです。

子持ちバツイチの場合でも、そうした事情を話しておけば、それでも良いと言ってくれる相手を探してくれます。
自分が動かなくても、条件に合う相手を紹介してくれるので手間がいりません。

お見合いセッティングなども会社側が行ってくれるところが多いですし、過去のトラウマなどを抱えている人はカウンセラーに相談することもできます。
結婚相談所は、賢く使えば良き再婚相手に出会うことができるでしょう。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

バーに出向く方法や友達に紹介してもらう方法も

バー

そのほかにバツイチ婚活の方法として、バーに一人で出かけるというのも意外と出会いが多いのです。
居酒屋とは違い、バーという場所は一人で飲みに来ている人が多いです。

バツイチの寂しい人が訪れているケースもよく見られます。
静かでムードある雰囲気で、寂しさを抱えた者同士がお酒を飲みながら語り合えば、恋に発展しやすいのです。

また自分のことをよく知ってくれている友達に、「誰かいい人がいたら紹介してね」とお願いしておくのも良いでしょう。
友達なら、きちんとした人を紹介してくれるはずです。

安心感を得られる出会い方と言えるのではないでしょうか。
このように、バツイチでも出会える場や方法はいろいろとあるものです。

まずは自分の性格やライフスタイルに合った婚活方法を見極めることから始めましょう。
焦るのではなく長期戦覚悟のうえで、素敵なパートナー探しをしたいものです。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 朝コン&昼のランチカフェ婚活!おすすめ4選【2018】
  2. ヨガの合コン&婚活パーティーおすすめ4選【2018】ヨガの出会い!
  3. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  4. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  5. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン4選【2018】
  6. 看護師と付き合いたい!看護師と出会える婚活・恋活サービス5選
  7. 保育士と結婚したい!婚活パーティー&出会いアプリ4選【2018】
  8. ぽっちゃり女子との出会い!婚活パーティー&恋活サイト7選【2018】
  9. 公務員男性と出会える婚活パーティー&街コン6選【2018】
  10. 30代婚活パーティーおすすめ6選【2018】アラサーの方必見!




人気記事

  1. バーベキューを楽しむ男女

最近の記事

  1. ゲーム ゲーム好きの社会人サークル10選【2018】共通の趣味で盛り上がる!
  2. ギター ギターの社会人サークル10選【2018】同じ趣味を持つ仲間と出会える!
  3. ボクシングの出会い!街コン&婚活パーティー4選【2018】
PAGE TOP