ネット婚活サイトで”マッチング”から”デート”までのステップ3つ

いまやメジャーとなったネットの婚活サイトとは

笑顔でパソコンを操作する女性

みなさん今や婚活もネットを利用して行うことがメジャーとなっていることをご存知ですか?

今回ご紹介する、ネットの婚活サイトには大きく分けて2つの形態があります。

1つは、もともと婚活とは関係ない大手企業が運営しているサイトです。

もう1つは、ネットに検索エンジンや商品流通市場、ネットサービスを提供している会社の運営するサイトです。

大手企業が運営するサイトの特徴は

  1. 会員登録のために来社が必要なケースがある
  2. 婚活プログラムを自社のブースを使って行うことがある
  3. 婚活プログラムの1つであるお見合いパーティーを自社ブースで行うことで会員限定の格安なお見合いパーティーの開催が可能
  4. 入会金やその他の料金の中に施設賃貸費用など会社を運営する資金も含まれる

例 楽天オーネット ブライダルネット エン婚活

また、ネットでサービス提供を行う会社の特徴としては

  1. スマホやケータイから簡単に会員登録ができる
  2. 来社の手間がいらない
  3. ネット上で結婚できる可能性の診断や占いなどの恋心をくすぐるサービスが受けられる

例 ユーブライド ゼクシィ縁結び マッチドットコム

このような特徴のある、ネット婚活サイトですが、実は大半がネットで何かしらのサービスを行う企業が運営するサイトが大半です。

それは、婚活の対象となる年齢が20代から30代のネットに精通した世代であるため。

結婚紹介所なら会員同士がマッチングし、コミュニケーションをとるのに使う、検索機能やメッセージ送信機能、掲示板の開設は必須の能力と言えます。

婚活アプリとネット婚活サイトの違い

アプリ

では、婚活アプリと婚活サイトはどう違うのでしょうか?

答えは簡単です。婚活アプリは、婚活サイト運営者がスマートフォンやガラケー向けにサイトの機能をシンプルにして開発した簡易型婚活ツールです。

そのため、アプリでは制限されている顔写真の閲覧などもブラウザからサイトに入れば行える場合もあります。

また、婚活アプリの中にはサイトとの連動性がないため、ブラウザでの表示と異なる情報がupされることもあります。

そういう意味で、ブラウザで表示される最新の情報がアプリでも表示されるサイトは連動性があり、ユーザーにはとても便利なアプリとして使えます。

また、婚活アプリと同じく比較的低コストで始められるため、結婚相談所に登録して活動するよりもハードルも低く始めやすいのも特徴です。

ネット婚活サイトでの婚活フロー3ステップ

婚活

では、ネットの婚活サイトで婚活を始めるにはどのような手順を踏む必要があるのでしょうか?

ここでは、婚活サイトの登録から実際に最初のデートまでのフローを解説します。

実際、婚活サイトでの婚活は、かなりハードルが低く思い立ったその時から始められます。

ただし、ネットに慣れていない方がやる場合には、婚活サイトでの登録と婚活アプリでの登録を二重に行ってアカウントが二重になってしまうということもありますので、注意が必要です。

登録

登録

まず、婚活サイトの登録には身分証明書、月額料金の支払いがある場合には銀行口座番号のわかるもの、あるいはクレジットカードが必要となります。

顔写真の登録を必須としているところもありますので、写真も必要となります。

顔写真の登録の際には、にこやかな写真を選んで異性の好感度を上げるようにしましょう。

さらに、自分のプロフィール登録の際は、学歴の変遷がわかるものや転職をしている場合は職歴の変遷がわかるものも必要となります。

また、任意での提出になりますが、独身証明書が必要なサイトもあります。

登録前にサイトへの提出書類を確認して、全て揃えてから登録作業を始めましょう。

プロフィール作成

プロフィールを考える

登録の作業を行なったら、次はプロフィールの作成です。

プロフィールの作成には、前述したような経歴のわかるものや証明書も必要ながら、何と言ってもあなたのチャームポイントや婚活の武器となるような特徴を的確に示せる文章力と表現力も必要です。

また、複数の婚活サイトに登録している人は、このような煩雑な作業をできるだけ省略できるよう、定型文を1つ作って使い回すようにするのも良いかもしれません。

プロフィールの文章は、サイト内を検索した異性が最初に目にするあなたの情報です。

印象に残るフレーズで異性に、良い第一印象を与えましょう。

例えば

「休日は、買い物に行くのも家でのんびりするのも好きです」だと、「そうなんだ」くらいしか反応できませんが、

「私は買い物をするのが好きなのですが、最近〇〇に買い物に行って〇〇を見つけて思わず衝動買いしてしまいました。よかったら一緒に素敵なものを見つけに行きませんか?」なら、「行きたい!」という人はメッセージが送りやすくなります。

できるだけ、恋人探しや婚約者探しをしている異性が具体的にデートのビジョンや結婚のビジョンが思い浮かぶようなプロフィール作りをすることが、良縁への一歩となります。

メッセをやり取り

パソコンを操作する女性

さて、良い印象の顔写真とプロフィールを登録すると、あなたに「いいね」をした異性とのメッセージのやりとりが始まります。

メッセージのやりとりは複数の相手と同時に行う可能性もありますので、できるだけメッセージを交換している相手は間違えないようにしましょう。

また、メッセのやりとりにはデートに持っていこうとする主体性とやる気が反映されます。

相手もデートを希望しない場合には途中でメッセージが途切れたり、やりとりすらなくなってしまいます。

ですので、相手もデートをする気があるか、それとも暇つぶしにメッセしているだけなのか早めに気づいて次の相手に移行するようにしましょう。

それも見極められて、初めて婚活の第一段階が成功し、デートすることができます。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

まとめ

赤い糸で結ばれる男女

婚活サイトは、大手企業のやウェブサービスを提供する企業が運営するものの2種類があります。

結婚相談所がある場合には、アドバイザーのアシストがありますが、多くの婚活サイトは恋人や婚約者探しをする登録会員を紹介する(検索システムに登録する)までが、婚活サイトの役割となります。

婚活サイトの中には、スマートフォンやガラケー向きにアプリを開発し、スキマ時間で婚活できるようにしているものもあり、サイトとの連動性がユーザーのスムーズな婚活をサポートします。

婚活サイトでの婚活は、登録・プロフィール作成・メッセージのやりとりという手順で活動し、デートするまでが、婚活の第1段階成功ということになります。

特にメッセージのやりとりは、主体性が問われるため本気で臨みましょう。