婚活パーティーでしてはいけないNG行為

結婚相手と出会う為に、婚活パーティーに参加する人は多くいます。

誰でも婚活パーティーに参加する時は、今日こそ将来的なパートナーと出会えるはずだと期待に胸を膨らませるものですよね。

けれども参加しても、失敗に終わる女性が少なくありません。

参加してもカップルになれないまま終わることが続くと、落ち込んでしまうものです。

実は、婚活パートナーで失敗する女性にいくつか共通点があります。

そこで今回は、婚活パーティーでしてはいけないNG行為についてまとめました。

男性から、結婚相手にしたいと思われる女性になりましょう。

礼儀を知らない

礼儀を知らない女性

婚活パーティーに参加する時は、礼儀を弁えましょう。

これは婚活パーティーだけに限られたことではなく、一般的に大切なことですよね。

けれども、婚活パーティーで礼儀を弁えず失敗してしまう人は多くいるのです。

結婚したいという気持ちが強すぎて冷静さを失い、礼儀知らずな言動になってしまうのかもしれません。

例えば、初対面で挨拶もろくにせずに敬語を使わず馴れ馴れしく話したり、相手の容姿について笑ったり、婚活パーティーのルールを守らずスタッフに指摘されても直さずに自分勝手に行動する等です。

そして女性の中には、相手にいきなり年収を聞く女性もいます。

これでは確実に、男性を不快な思いにさせてしまうでしょう。

男性は、失礼な言動をするような女性と仲良くなりたいと思うでしょうか。

婚活パーティーは、結婚相手と出会う大切な場所です。

男性から礼儀を知らない女性だと認識されてしまうのは、結婚のチャンスを逃すことでもあります。

真剣に結婚したいと思うのであれば、社会人としての最低限のマナーを守りましょう。

自分の話ばかりで相手の話は聞かない

食事をしながら話す女性

婚活パーティーに参加すると、短い間で自分を知ってもらい男性との距離を縮めようとするがあまり自分の話ばかりする女性がいます。

男性からすると、このような女性に対し良いイメージを持たないことが多いようです。

なぜなら、相手の話を聞かずに自分のことを話す女性は、我が強く自分勝手な人だと思うからです。

男性が好意を持つのは、男性を立てることができる謙虚な女性と言えるでしょう。

その為、自己主張が強い女性は避けられてしまうのです。

それに話し過ぎてある程度男性に自分のことが知られてしまうと、男性心理として、これ以上相手を知りたいという気持ちが無くなってしまうようです。

男性の多くは、女性を追いたいものだと言われていますよね。

なので、自ら自分のことを話すよりも、男性の聞きたい、知りたいという気持ちを尊重する方が婚活成功に近いかもしれません。

話好きな人は特に、話したいことの半分に抑えたほうがよさそうです。

下ネタ・自虐ネタで笑いをとる

耳をふさぐ男性

婚活パーティーで男性から明るい人、楽しい人だと思われたいという気持ちから、下ネタや自虐ネタを話す人がいますよね。

たしかに一緒にいて笑顔になれるような明るい女性は、素敵な人です。

けれども、下ネタや自虐ネタを話して相手を笑わせるのは、婚活パーティーでは相応しい行為とは言えないでしょう。

笑わせてくれる女性に対してのイメージは悪くないかもしれませんが、やりすぎると下品で対応に困る人だと思われてしまうことがあるからです。

明るい女性というのは、下ネタや自虐ネタで相手を笑わせる女性ではありません。

男性と過ごす時間を、笑顔で楽しむことができる女性なのです。

つまり自ら笑いをとろうとするのではなく、一緒に楽しむことを心掛けると婚活パーティーで失敗することは防げると言えます。

好みの男性以外には冷たい態度

そっけない態度の女性

婚活パーティーに参加し好みの男性がいると、その人ともっと仲良くなりたいと思うものですよね。

婚活パーティーの時間は限られているので、1分1秒が惜しくなるでしょう。

その為、好みの男性以外とは話す気になれず、たとえ話しかけられも冷たい態度になってしまう女性が少なくないようです。

もちろん短い時間の中で、好みの男性とカップリングを果たす為には時間は大切にしなければなりません。

話すきっかけがあれば、逃さないように行動することが必要です。

けれども、だからといって好みの男性以外に冷たい態度をとってしまうのは正しいこととは言えません。

相手を傷つける行為をすることも間違いですが、それだけではなく好みの男性は婚活パーティーに参加している中、他の女性のことを常に観察しています。

つまり、相手に冷たい態度をしているその瞬間も見ているのです。

いくら好みの男性の前では素敵な女性を演出していても、陰では人に対し冷たい態度をとるところを見られると、カップリングすることは難しくなります。

もし好みの男性以外から声をかけられたなら、誠心誠意対応することを心掛けましょう。

話したい男性がいるのにあえて他の人と話をしていると、カップリングのチャンスが無くなってしまうかもしれないので、気になる人と話をしたいということを相手にきちんと伝えることが大切です。

相手を気遣いながらも、自分の意思を持つ女性への評価は高いですよ。

受け身でやる気が無い

やる気のない女性

婚活パーティーに参加しているのに、男性からアプローチをされることをただひたすら待つ受け身の女性は、やる気がないと思われてしまいます。

男性からすると、婚活パーティーに参加しているのに結婚したいという気持ちが感じられない女性は、ひやかしのようで不快な思いをすることが多いようです。

たしかに男性の3歩後ろを歩くような謙虚な女性は、男性人気が高いかもしれません。

しかし、受け身でいることと謙虚は全く違うものではないでしょうか。

婚活パーティーに参加しているのに受け身でいたら、やる気がないと思われても仕方がないでしょう。

もし、どのように男性と接していいか分からないというような恋愛経験が少ない女性であれば、婚活パーティーに参加したことは、とても勇気がいる行為だったはずです。

けれども婚活パーティーは終わりではありません。結婚に向けたスタートのようなものです。

あと1歩勇気を振り絞り行動すると、男性から違う印象を持たれるはずです。

女性同士で話に夢中

盛り上がる女性たち

婚活パーティーで男性から嫌われるのは、女性同士で話に夢中になっている人です。

結婚相手と出会う為に婚活パーティーに参加しているはずなのに、男性よりも女性同士で過ごすことが多い人は男性から不愉快だと思われてしまうようです。

もしかすると1人で参加する勇気がなく、友人と一緒に参加したのかもしれません。それ自体は間違いではないでしょう。

たしかに婚活パーティーは敷居が高く、1人では参加しづらいと感じる人がいるからです。

けれども、だからといって女性同士で固まって会話に夢中になってしまうと男性は声をかけづらくなってしまいます。

婚活パーティーに参加する男性全てが、積極的に女性にアプローチできるわけではありません。

運営者側から話す時間を与えられて、女性と話ができるような奥手な男性もいます。

婚活パーティーで男性とカップリングをしたいのであれば、たとえ友人と参加しても別行動をしたり、結婚相手と出会うことに集中した方がよさそうです。

その方が男性は話しかけやすいので、カップリングするチャンスが広がりますよ。

強烈な結婚したいアピール

結婚願望

婚活パーティーは、結婚したい男女が参加するものですよね。将来的なパートナーを求めて、躍起になって行動する人は少なくありません。

しかし、あまりに結婚したいアピールが強すぎると、男性から引かれてしまうことがあります。

結婚したくて婚活パーティーに参加しているのだからアピールすることの何が悪いのと、思う人もいるかもしれません。

それでも男性は、初対面の女性から結婚したいアピールをされることに対し苦手意識を持つ人が多いのです。

男性自身も結婚したくて参加していることに違いはありませんが、それでもまずは相手を見極め、相性が良ければ次は交際に進むというように段階を踏んでいきたいものなのです。

結婚したいアピールをする女性は、婚活パーティーで出会った男性と即結婚だと考えてしまっているのかもしれません。

婚活パーティーは、あくまでも男性と出会うきっかけの場です。

婚活パーティーで知り合った直後に、すぐに結婚できるわけではありませんよね。

お互いを知り、仲を深めていくという当たり前の段階を踏んで、初めて結婚を意識するものではないでしょうか。

焦る気持ちは、冷静さを失わせます。躍起になり目の前のことが見えなくなっている状態では、婚活成功は難しくなるでしょう。

結婚したいという気持ちを全面に出すのではなく、ドンと構えるくらいの大人の余裕を持った方が男性からアプローチされるものです。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

まとめ

正しい婚活

婚活パーティーに参加する時は、男性から見られていること、相手に対する思いやりを忘れてはいけません。

結婚願望が強すぎて、自分勝手に行動してしまうと男性は引いてしまうのです。

婚活パーティーという短い時間の中で男性から好印象を持たれる為には、やはりそれなりの努力が必要です。

婚活パーティーでしてはいけないNG行為を意識し、正しい婚活をしましょう。

きっと男性からアプローチされる素敵な女性になれますよ。