地方の婚活は難しい?成功させるために心得ること。

地方の婚活事情

地方の婚活は難しい?

運命の赤い糸

よく、地方の婚活は難しいと言われます。
その理由はいくつかありますが、地方はそもそも人口が少ないうえに、同級生や幼なじみなどと比較的若い年齢で結婚してしまう人が多いということが理由として挙げられます。

一方で地方の田舎でくすぶっていてはダメだ、都会で一旗揚げるぞと地元を離れていってしまう人も多く、もともと少ない結婚対象者がさらに少なくなってしまいます。
その結果、容姿に自信がない場合や積極的に恋愛をしていけるような性格の持ち主でないと、気が付けば周りは全て既婚者になっていたということが多いのが、地方の特徴でもあります。

婚活をしようにも年代がマッチする相手がもともといないことや婚活希望者にバツイチの人やバツイチ子持ちの人まで加わってくることが、さらに婚活を難しくさせる要素になります。
また、地方特有の結婚したらこうすべきという風習が色濃く残っていること、農業や漁業などの第一次産業に携わる人が多く、女性の場合、結婚したら相手の家族と一緒に住むのが大前提となると、相手が大家族ともなれば尻込みしてしまうのも無理はありません。

地方での婚活はどのようにして行っているのか

カップル

とはいえ、地方での婚活は男女ともに相手を求めていることもあり、多く開催されているのも特徴です。
知り合いから結婚したいという人がいると聞けば、少しくらい自分が求めている条件と違ったとしてもとりあえず会ってみるという人は多いですし、結婚相談所に登録し、担当者とスカイプで話をしてどこが悪いのかを相談し合うなど、涙ぐましい努力を行っている人も少なくありません。

婚活というのは、うまくいかない状況が続けば続くほど追い詰められてしまいますので、婚活支援をしてくれるところを持つというのが大前提です。
客観的に、そして広い視点から問題を見つけ、指摘して改善すべき点を教えてくれるからです。
そのため、地方での婚活は、婚活支援サイトにとっても腕の見せ所と言えます。

成功の秘訣は、「視野を広げること」

手を握り合うカップル

婚活支援サイトの担当者に「もう無理です」と訴えてくる人は、地方で婚活をしているほど多いとされています。
その際、まず担当者はどのように婚活を行ってきたかを尋ねますが、その際に範囲を広げることをアドバイスすることがほとんどです。

地方での婚活は、そもそも住んでいるところから近い場所の人でさえも、まあまあな距離があるということが多いのですが、それをさらに隣の村や町、あるいは県へとまたがって探すことを勧めます。
それによって、候補が見つかる可能性が高まるからです。

地方に住んでいる人の多くは車での移動に慣れているので、近隣の県くらいなら問題ないと感じられれば、またやる気が湧いてくるでしょう。
さらに、より婚活の成功率を上げる要素になるのが、年代を広げるということです。
30代になったばかりの女性が相手を探すとき、おそらく同じ30代になったばかりの男性か、5つくらい上までならという年齢幅で探していることでしょう。

けれど、20代で結婚する人が多い田舎では、30代で結婚する割合の人はほとんどいないといっても過言ではありません。
そこで、逆に嫁のあてがないと嘆く40代、あるいは50代にまで範囲を広げてみるのです。

30代になったばかりの女性なら、50代の男性はもはや父親のような世代になるかもしれませんが、40代なら少し年の離れた旦那さんになり得ます。
何としてもお嫁さんが欲しいと婚活を頑張っている男性が、範囲を40代に広げたとたんに見つかるということはしばしばあります。

しかも、こうした男性の良いところは念願のお嫁さんが30代になったばかりの若い女性だと、とても喜んでくれることです。
そうなれば、10歳程度年齢が離れていたとしても、幸せな夫婦になれるでしょう。

地方の婚活はアイデア次第

頭の回転が速い

地方ではもともと若い人が少ないうえに、早く結婚する人が多いため、婚活パーティーをしたとしてもいつも同じ顔ぶれになりやすいという難点があります。
あの人、いつも参加しているなというのがきっかけで話をしたら、意外と盛り上がったということもあるかもしれませんが、いつも来ていると思いながらも見ているだけという場合は、なんとなく魅力を感じないでしょう。

確かに、話をしてみたら思いのほか良い人だったということもあり得ますが、第一印象から受けたイメージを覆すのはなかなか困難で、相手を見つけたいと必死になっている地方の婚活でも印象がいま一つだと、カップル成立は難しいのが事実です。

ただ、昨今、地方創生として行政が何とか男女の縁を取り持ち、子供が生まれて地域が活性化してくれることを願っていますので、地方自治体によっては積極的に婚活パーティーを企画して行っているところが増えています。
そのため、婚活支援サイトではどうも盛り上がらず、過疎化が感じられるというときは、住んでいる町で自治体がほかに何か婚活活動を実施していないか探すのもおすすめです。

幅広い年齢の人が集まるのが自治体主催のメリット

婚活パーティー

自治体が主催する婚活パーティーでは、アプリやマッチングサイトを使いこなせないIT弱者でも集まることができます。
こうした人たちは年齢層が高めになることが難点と言えますが、中にはまだ若いのに、こうしたアプリを使う必要性を感じない仕事をしている人がいたりしますので、思いがけない出会いがある可能性も否定できません。

また、都会では遊び目的や、参加料金を多く稼ぐためにサクラが混じることが少なくありませんが、地方行政が行う婚活パーティーならこうした心配がないことは大きなメリットと言えます。

ちょっと周りに聞けば、どこの誰かということがすぐに分かるうえ、真剣に結婚相手を探している人たちばかりが集まってくることから、遊び半分の人が全くいないといっても過言ではないところは、女性にとっては特に安心できることです。

最近は、見た目がとても若く見える人も多くなっていて、年齢を聞いてびっくりということが少なくありません。
男性は総じて考え方が幼いこともあって、女性30代に男性40代くらいが、夫婦になったときの精神年齢としてしっくりくるということもしばしばです。

40代の男性は30代の女性よりも、さらに結婚したいという気持ちが切実でしょうから、趣味や話が合うのであれば幸せな結婚に繋がる可能性は大いにあります。

地方婚活は難しいけど成功したら幸せ度は高いかも

腕を組むカップル

地方で結婚相手を探したいということは、都会ではなく地方で暮らしたいと考えている場合が多いでしょう。
都会で結婚相手を見つけ、自分が生まれ育った地方へ帰るという方法もあるでしょうが、そういう話が出たとたん、ダメになるということもよくあります。

その点、地方で出会った男女であれば、これからもここで暮らしていくということが前提になっていますので、二人の相性さえ良ければ場所は全く問題にはなりません。

そうなれば、あくまでも二人の相性だけを考えれば良いことから、超えるべきハードルは低いと言えるでしょう。
地方自治体が行政の仕事の一環として行う婚活支援の安心感はかなり大きいことから、いい人が見つかれば都会での婚活で出会った人よりも、結婚生活から得られる幸せ度は高くなるかもしれません。

地方の婚活は確かに難しいですが、発想を転換し、ローカルな情報を集めることで成功することは実際にあります。
都会での軽いノリの婚活パーティーになじめない人は、最初から地方で活動するほうが良いかもしれません。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 朝コン&昼のランチカフェ婚活!おすすめ4選【2018】
  2. ヨガの合コン&婚活パーティーおすすめ4選【2018】ヨガの出会い!
  3. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  4. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  5. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン4選【2018】
  6. 看護師と付き合いたい!看護師と出会える婚活・恋活サービス5選
  7. 保育士と結婚したい!婚活パーティー&出会いアプリ4選【2018】
  8. ぽっちゃり女子との出会い!婚活パーティー&恋活サイト7選【2018】
  9. 公務員男性と出会える婚活パーティー&街コン6選【2018】
  10. 30代婚活パーティーおすすめ6選【2018】アラサーの方必見!




人気記事

  1. バーベキューを楽しむ男女

最近の記事

  1. ゲーム ゲーム好きの社会人サークル10選【2018】共通の趣味で盛り上がる!
  2. ギター ギターの社会人サークル10選【2018】同じ趣味を持つ仲間と出会える!
  3. ボクシングの出会い!街コン&婚活パーティー4選【2018】
PAGE TOP