婚活パーティーでの成功テクニック~会話のコツ編~

婚活パーティーで成功するテクニックの一つは「会話」です。限られた時間の中で自分の情報をいかに伝えられるか、そして相手の情報をいかにたくさん引き出すかで、「この人ともっと話してみたい!」と思わせることが大切です。婚活パーティーで会話を盛り上げるコツについてご紹介したいと思います。

 

会話のコツ①自己紹介タイムで伝えたいことはまとめておきましょう

大抵の婚活パーティーはまず初めに全員と話す時間、いわゆる「自己紹介タイム」が設けられています。全員と23分ずつ話し、その中から第一印象でいいと思う人を選ぶのです。ここで好印象を抱いてもらえると、次のフリータイムで「もっと話したい」と思ってもらえます。

自己紹介タイムは23分の設定が多く、とても慌ただしいので、自分について伝える内容は準備しておく方がスムーズでしょう。ただし、お相手にも話す時間が必要なため、お互いのことを話せる時間配分が重要です。決して「自分だけしか話さず自己紹介タイムが終わってしまった」などということがないようにしましょう。

限られた時間なので、焦ると失言が出てしまったり、言わなくてもいい情報を言ってしまったりするので、自分のことは簡潔に話せるように準備しておくことが大切です。

 

会話のコツ②プロフィールカードを活用しましょう

プロフィールカード

自己紹介タイムを助けるツールとして、プロフィールカードがあります。自己紹介タイムで一番初めにお相手に見せるものであり、プロフィールカードを見ながら会話を進めることが多いので、プロフィールカードはわかりやすい文字で、簡潔に書きましょう。

プロフィールカードを書くにはある程度の時間が必要です。よくパーティー開始ギリギリに到着をして、プロフィールカードがほぼ白紙(名前や年齢だけのような状態)の方もいますが、そこから会話のネタを掘り起こすのはなかなかの労力が必要です。パーティーには時間の余裕をもって到着し、プロフィールカードを書いて一息つけるくらいの心のゆとりがあると、いいスタートを切れますよね。

また、お相手のプロフィールカードもよく目を通しましょう。会話のきっかけになることが必ず書かれているはずです。住まいや出身地などは「行ったことがあります!」「一度行ってみたいんですよね~」と会話を広げられますし、趣味や特技は「○○がお好きなのですか?」「○○が特技だなんてすごいですね!」「○○を良く知らないので教えて頂けますか?」と会話が始められます。

自分のプロフィールカードはお相手の方が会話を広げられるようなキーワードをちりばめておく、お相手のプロフィールカードからはキーワードを拾うということを意識しましょう。お互いにプロフィールカードを見たままだんまり、という場面もよく見かけますが、そうなるとせっかくの時間も無駄になってしまいますからね。

 

会話のコツ③キーワードをメモしておきましょう

メモ帳とペン

婚活パーティーは少人数制のものから、30名対30名のような大規模なものまであります。人間の記憶というのはとても曖昧であり、また、どんどん新しい情報が入ってくるとデータが上書きされ、前の情報を忘れてしまうのです。よくあるのが、「自己紹介タイムが終わったけど、誰と何を話したか覚えていない…」という状況です。人数が多ければ多いほど、このような状況になり、挙句の果てには第一印象で誰が良かったかわからないなどということがあります。キーワードをメモすると同時に、好印象の方の番号にわかりやすく◎をつけておくと後で役立ちます。

お相手と話したことで、話が広がりそうな内容はキーワードでメモをしておくと良いでしょう。会話した内容を覚えていてくれると誰でもうれしいですし、好印象を抱いてもらえると同時に、「自分に興味があるのかな」と相手の興味を惹き付けることができるでしょう。

その時に大切なことは、お相手の情報を間違えないようにメモすることです。『Aさん⇒○○区(在住)、○○歳、(趣味)海外旅行、スイーツ』など、後の会話に役に立ちそうな情報はメモをしておくと、「先ほどお伺いしましたが、海外旅行が趣味でしたよね。今までどの国に行ったことがありますか?」など、次の会話がスムーズに始められます。誤った情報を言ってしまった場合は、「大変失礼しました」と素直に謝ることが大切です。

 

会話のコツ④4WHで会話を広げましょう

話す女性

お相手との会話で話が広がらなくて困った、という経験をされた方もいるでしょう。そういう場合は4W1Hの質問で会話を広げていきましょう。4Wとは、WhatWhenWhoWhere1HHowです。

  • What ⇒ 何を?何が?
  • When ⇒ いつ?いつから?どういう時に?
  • Who ⇒ 誰と?一人で?どういう人と?
  • Where ⇒ どこで?どこまで?
  • How ⇒ どうやって?どのくらい?

4W1Hを使うと、会話に広がりが出て、その後の会話もおのずと続きます。お相手のこともたくさん知ることができるので、自分の情報収集にもつながるでしょう。

ここで気を付けたいのは『Why』をなるべく使わないようにすることです。Whyは場合によっては強い印象を与えたり、批判されている気持ちになる人がいるためです。「どうしてですか?」と聞くよりも4W1Hを活用して幅を広げる方が会話の印象もよくなるでしょう。

人は自分の話に興味を持ってもらえると嬉しいものです。4W1Hの質問をすることで「自分の話に興味を持ってもらえた!」と思い、どんどん話したくなりますので、お相手との会話も盛り上がるでしょう。

会話のコツ⑤効率を求めすぎない

効率

ここまで①~④のコツを紹介してきましたが、すべてを完璧にやりすぎるとあまり良い印象を与えない場合があります。婚活パーティーでは残念なことに効率が良すぎる人は『婚活パーティーに何度も参加しているのに相手がまだ見つかっていない人』=『何らかの問題がある人』と思われてしまうことがあります。これは男女共通して言えることで、たとえ慣れているとしてもそれを見せない方がいいのです。紹介しておきながら矛盾してしまいますが、大切なことは『効率よく、しかし相手には見えないようにする』ということです。

「じゃあどうすればいいの?」と思うでしょうが、自然な流れで会話を進めればいいのです。しっかりと準備はして置き、困った時のために①~④のコツを思い出し、会話を進めることで自然な流れで会話が進めましょう。

『間』を意識することも大切です。矢継ぎ早に質問を続けると相手も引いてしまうでしょうし、次の質問が思いついても、一呼吸置いて『間』をとって質問すれば、不自然さはなくなります。もちろん、会話が盛り上がった場合はどんどん質問しても良いでしょう。お相手の反応を良く見ながら進めていくことがポイントです。

気に入った相手には「フリータイムで○○さんのところに戻ってきますので、○○についてもっと聞かせて下さいね」とアピールすると、お相手もうれしくなって第一印象で指名をしてもらえるかもしれません。

婚活パーティーでの会話のコツを5つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。せっかく時間とお金を割いて婚活パーティーに参加するのであれば、一つでも多く良い出会いにつなげられるようにしたいものです。今回ご紹介したコツは決して難しいことではないのでぜひ実践してみてください。会話が弾むことはお相手にもきっと好印象を与えていると思いますので、いいなと思うお相手には特に意識して会話を進めて盛り上げて下さいね!

以上、婚活パーティーでの成功テクニック~会話のコツ編~でした。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. 朝コン&昼のランチカフェ婚活!おすすめ4選【2018】
  2. ヨガの合コン&婚活パーティーおすすめ4選【2018】ヨガの出会い!
  3. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  4. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  5. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン4選【2018】
  6. 看護師と付き合いたい!看護師と出会える婚活・恋活サービス5選
  7. 保育士と結婚したい!婚活パーティー&出会いアプリ4選【2018】
  8. ぽっちゃり女子との出会い!婚活パーティー&恋活サイト7選【2018】
  9. 公務員男性と出会える婚活パーティー&街コン6選【2018】
  10. 30代婚活パーティーおすすめ6選【2018】アラサーの方必見!




人気記事

  1. バーベキューを楽しむ男女

最近の記事

  1. ゲーム ゲーム好きの社会人サークル10選【2018】共通の趣味で盛り上がる!
  2. ギター ギターの社会人サークル10選【2018】同じ趣味を持つ仲間と出会える!
  3. ボクシングの出会い!街コン&婚活パーティー4選【2018】
PAGE TOP