アラサー婚活、この条件を削ったら結婚できる!6つの見直し点をチェック!

何かと話題のアラサー婚活。特に注目されるのが、アラサー女性の婚活です。

アラサーというと、現代では結婚適齢期のど真ん中にある世代。友達がどんどん結婚していくなかで自分だけ結婚が決まらないと、段々焦ってきます。せっせと合コンやパーティーに出るものの、何度出ても理想の相手に出会えず、敗退。嫌になってきますよね。

こんなアラサー女性たちに見直してほしいのが、条件なんです。アラサーは条件を緩和しさえすれば、結婚へのハードルはずっと下がるのです。状況を見直さないで放置していると、恐怖のアラフォー婚活に突入してしまうのです。

そこで、今回は、アラサー女性が拘りやすい条件について見直し、どんな条件を削ったら相手を見つけ易いかというポイントを探っていくことにします。出会いはあるけど、イマイチ交際に発展しないというアラサー女性はこの機会に妥協ポイントを探ってみてください!

はじめに アラサーは婚活の関が原!

アラサーで婚活に苦戦している女性の悩みをきいていると、アラサー婚活は条件面との闘いだということがよく分かります。アラサーは外見的にも、肉体的にも、20代前半の若い女性と大きく変わるわけではありません。

本当に婚活が厳しくなるのは、妊娠、出産が厳しくなる35歳を過ぎてからです。35歳までなら、条件を緩和すれば恋人、結婚相手を見つけるのは難しくありません。ただ、頭ではわかっていても、実際の婚活シーンにいると、どうしても条件を落とせないのが人の常。結婚は一生に一度の問題と考えると、簡単に妥協できない気持ちはよく分かります。

特に、「美人」「可愛い」と言われてきた女性、有名大学出など、スペックの高い女性の場合、なかなか現状を受け入れられません。気付いたら30半ばを超えアラフォーに突入、「美人なのに結婚できない人」のレッテルを貼られている人がとても多いのが現状です。

現実的に考えれば、アラサーは女性の結婚の関が原。ここで出来ないと、結婚戦線では苦戦を強いられます。どうしても結婚をと考えている人にとって、条件の見直しは急務なのです。

アラサー女子が見直すべきポイントとは?

婚活で躓いて婚活地獄に陥ってしまうのは、妥協のタイミングを逃したアラサー女子です。アラサー、つまり34歳までの女性なら、条件を緩和すれば、婚活がぐっと楽になるのです。

条件を緩和するというのは、幅を広げるということで、全然違う条件を作るということではありません。たとえば、年齢の条件を5歳上げるだけで、前の条件設定では出会えなかった人と会える可能性が生まれるのです。5歳を10歳にすれば、さらに可能性は広がります。

そんな風にして、自分の出会いの可能性を広げていくことが、アラサー女子には必要なのです。

ここで見直したいポイントを挙げてみましょう。

・年齢

・収入

・居住地

・両親同居・長男

・再婚・再再婚

・外見(身長・体重・体型)

こうして並べてみると、どれも基本的な点だということが分かりますよね。基本的だからこそ、これらのポイントを見直して、少しでも修正していければ、出会いのチャンスも増え、結婚への道も開けてくるのです。

アラサー女子が見直すべき6つの条件はこれ!

では、アラサー女子が見直すべき6つの条件をひとつひとつ見ていきましょう。

見直しポイント①年齢

まずは年齢。アラサー女性が婚活を楽に運ぶためには、相手男性の年齢条件を外してしまうのがおすすめです。婚活サービスや結婚相談所では相手に希望する年齢を書くことが多いものですが、アラサー女性はこれを40代でとどめる人が多いのです。

さらに、実際のパーティーなどでは、同世代+5歳くらいを求めて会話する人が多いのですが、こういう場合、40歳までの男性は、会話の場では30代の女性と盛り上がっても、最終的に選ぶのは20代の女性です。こういうことの繰り返しが、婚活の遠回りになってしまっているんですね。

婚活市場では、最近、シニアの婚活が盛り上がっています。これには若々しいシニアが増えたという理由もあるのですが、30代の女性のなかにシニア婚活に参入する女性が増えてきたこともあげられます。

シニア婚活なら30代は「若い女性」。若々しいシニア男性を視野に入れつつ一般の婚活にも参加していると、気持ちを保ちやすくなるのです。一般婚活の場合、30代はどんなに美人でも「二番手」、さらに、30代も半ばに近づくと、寄ってくる男性もぐっと減るのです。

繰り返しますが、女性のアラサーは結婚できるかどうかの境目です。女性の場合、35歳を過ぎると、婚活パーティーなどの年齢制限パーティーがぐっと狭まります。趣味コンなどは30代後半から40歳が最年長。つまり、アラサーを過ぎると、あと2,3年で普通の婚活イベントから撤退することになるのです。

そうなる前に、30代にはいったらもう相手男性の年齢制限は外してしまった方が得なのですね。

見直しポイント②収入

婚活女性にとって最も重大なポイントが収入。婚活が長引くと、身長や外見へのこだわりは段々減ってくるものですが、最後まで譲れないのが収入のようです。お金は生活の要、ここに拘るのはしょうがないことかもしれません。

30歳前後の女性の場合、男性に求める年収の下限は400万。調査によっては、600万、700万以上をあげる女性たちも各2割程度います。女性にとっては、結婚して子供を産むには400万のラインは譲れないということのようです。

妊娠、出産に関しては、「いつでも産める。いまはまだ良い」と思っている20代前半の女性より、30代の女性の方が神経質になっていますので、子供を産むための経済力だけは持っていてほしいと思うのは仕方のないところでもあります。

ただ、この最低ラインに融通を持たせることができれば、経済的には現状満たされていない同世代男性なども圏内にはいってきます。男性の場合、アラサーですと、まだ将来の見通しがはっきりしていません。そこを見越して将来に賭けるお付き合いの仕方もアリではないでしょうか。

見直しポイント③居住地

都心に住んでいる女性にとって居住地を田舎に移すというのは、決心が要るものです。特に、都内に生まれ育って、都心の会社に勤めている女性の場合、地方への転出は最初から度外視している人も少なくありません。

ですが、これは勿体無いことです。自分に本当にぴったりの人が、地方にいるかもしれません。また、東京で働いているからといって、東京での生活が安泰というわけでもありません。都心で働いている人の多くは地方からの上京者。転勤になるかもしれませんし、地方にUターンということになるかもしれません。逆に、地方在住の男性が都会に転勤になることもあります。

居住地だけで振り分けてしまうのは、出会いを限定してしまうことなんです。近年、「畑DE婚活」などの農業コンがにぎわっているのも、地方の良さを見直してほしいという運営者の願いがこもっています。都会志向の女性たちには是非一度見直してみてほしいポイントです。

見直しポイント④両親同居、長男

婚活中の女性がどうしても避けたいと思うのが、両親との同居です。そのため、両親との同居が想定される「長男」は、最初から敬遠される傾向にあります。結婚を意識し始めた女性が、年収や年齢といった基本的なこと以外で最初に考えるのが、義理親との同居は避けたいという点といってもいいくらいで、現代の女性にとって夫の親との同居は厄介なものと考えられているようです。

確かに、ネット上には、嫁姑、嫁小姑のバトルがあふれていますよね。ああいうのを読んでいると、同居は遠慮したいと思うのもしょうがないかもしれませんね。でも、もちろん、激しい確執といったものは例外的なものにすぎません。また、別居していても、嫁姑問題が起こるときは起こるものです。同居を避ければ、嫁姑問題から逃れられると考えるのは早計です。

逆に、同居を求める家庭の方が、嫁いできてくれるお嫁さんに気を使ってくれる傾向すらあります。実際、最近の婚活で同居を求める男性の家庭では、殆どが二世帯住宅を提案しています。同居といっても、別家計、別キッチン、別玄関など、プライバシーは尊重する方向になっているんです。

同居は嫌、長男は嫁姑問題が厄介だからというような理由で長男男性、同居希望男性を敬遠するのは、理にかなったことではないんですね。長男を毛嫌いしていた人は、ちょっと見直してみてください。貴方の運命の人は長男かもしれませんよ!

見直しポイント⑤再婚、再再婚

初婚の女性にとっては、やはり結婚相手にも初婚を求めたいところですよね。バツイチというと、誰かのお古というイメージが付きまといます。また、離婚した前の奥さんとの関係、子供がいれば子供との関係も気になるものです。せっかく新しい生活を始めるのですから、問題は少ないにこしたことありません。

ただ、問題は年齢です。アラサー女性のなかでも30代になると、結婚相手の候補は40歳代になります。40代の独身者となると、30代までとは離婚者率が違ってきます。40代になると、結婚者のうち、初婚よりも再婚の方が多くなるのです。こうなると、バツイチを避けているのはやはり損ということになります。

また、実際に付き合っている人の感想をきいても、40代で独身となると、完全未婚者(一度も結婚したことのない人)より再婚者、いわゆるバツイチの男性の方が話しやすく、付き合いやすいという人が多数を占めます。40代まで一度も結婚したことのない男性には、気難しい人が少なくないのです。特に、30代にはいって婚活に行き詰まっている女性は、女性の扱いの上手いバツイチ男性に目を向けてみても良いかもしれませんね。

見直しポイント⑥外見

女性の場合、婚活が長期化すると外見を気にすることはなくなってきます。これは男性との大きな違いで、男性は最後まで外見がある程度好みの女性を追求します。女性の場合は経済面や居住面、つまり日常生活の方が重要で、外見にはさほど重きをおかなくなってくるものです。

とはいえ、婚活が順調に運ばないのに、いつまでも長身イケメンを追い求める女性もいます。これは勿体無いの一言です。婚活で大事なのは、堅実な結婚プランです。なんとなく好みのタイプを追っていたのではいつまでたっても成果は出ません。実際に婚活に成功して結婚した女性たちは、このあたりをあっさりと割り切っているのです。

白馬に乗った王子様を夢見るのはせいぜい20歳まで。アラサー婚活は現実的に!

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

まとめ どこが「どう」無理なのかを考えて!

アラサーは婚活女子にとって大事な時期です。

どの条件が無理なのかということを考える際、「どうして」「どのように」無理なのかを考え直してください。一度に全部の条件を撤廃する必要はないんです。少しずつでも良いので、自分にできる条件改良を考えていきましょう。

たとえば、居住地にこだわる人の場合でも、自分に仕事があるせいで居住地を変わることができないということなら、その条件を削除するのは難しいでしょう。でも、姉妹だけなので実家を離れたくないというような理由であれば、両親や姉、妹と相談すれば解消可能ですよね。

そんな風なちょっとした条件緩和で、アラフォーになる前にゴールできるかどうかが決まってきます。思い込みを捨てて、慎重に条件を見直していきましょう。そうすれば、結婚への道は前が見えやすくなるのです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたひと

Vicky

Vicky

VICKYです。東ヨーロッパを拠点に活動するフリーライター兼キュレーターです。バツイチで、現在はロシア系ウクライナ人のパートナーと同居中。FRANK PARTYでは国際結婚、国際恋愛を中心に、恋活、恋愛テクニックに関する記事をお届けしています!黒猫とオレンジジュースとあんまりパリッとしてないクロワッサンが好き。よろしく!

おすすめ記事

  1. 朝コン&昼のランチカフェ婚活!おすすめ4選【2018】
  2. ヨガの合コン&婚活パーティーおすすめ4選【2018】ヨガの出会い!
  3. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  4. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  5. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン4選【2018】
  6. 看護師と付き合いたい!看護師と出会える婚活・恋活サービス5選
  7. 保育士と結婚したい!婚活パーティー&出会いアプリ4選【2018】
  8. ぽっちゃり女子との出会い!婚活パーティー&恋活サイト7選【2018】
  9. 公務員男性と出会える婚活パーティー&街コン6選【2018】
  10. 30代婚活パーティーおすすめ6選【2018】アラサーの方必見!




人気記事

最近の記事

  1. 登山 東京・都内のアウトドア社会人サークル10選【2018】
  2. バドミントン バドミントンの社会人サークル10選【2018】バドが趣味の方へ。
  3. 飲み会 飲みサークル10選【2018】社会人の出会いを応援!
PAGE TOP