バツイチ婚活の基礎&テクニック。障害を避けて再婚に進むための道筋。

バツイチ女性の婚活には障害がつき物。なかには、障害を直視するのが面倒で再婚婚活に踏み込めない人も少なくありません。

反面、近年の日本では離婚数が増加、それにともなって再婚数も増えています。
統計によると、結婚総数の4分の1が再婚ということで、特に、年齢があがると、初婚数よりも再婚数が上回るようになってきます。
離婚・再婚は少数派の選択ではなく、多数派の選択になってきているのですね。

とはいえ、バツイチでの結婚となると、何かと厄介なことがあるのも事実。
再婚に踏み出す前に、しっかり障害のありかを確認して、心構えを固めておきましょう!

そこで今回は、バツイチ女性が障害を避けて再婚に進む道筋についてみていきます!

まずは問題のありかを確認!

確かに、バツイチで婚活というと、いかにも大変そうですよね。

普通の婚活でも大変なのに、バツイチで、しかも子供がいるとなると先行きが見えてきません。
それが不安で、離婚後、なかなか婚活に踏み出せないという人も少なくありません。

ですが、それは杞憂です。
バツイチの婚活は、具体的な障害に対してきちんと答えを出し、そうした境遇に理解をしめしてくれる相手を求めさえすれば、バツイチの4文字はさほど大きな障害になりません。

問題は障害をきちんとクリアできるかどうかです。
そのためには、まず、問題のありかを確認すること。その上で、自分にあった婚活方法をとれば、成果はついてきます。
まずは問題点を確認しましょう。

バツイチ婚活の進め方は子供の有無によって違う

バツイチ婚活の問題点は、子供の有無によって大きく違ってきます。子供のいるバツイチ、いわゆるシングルマザーの再婚と子供のない女性の再婚とでは、やはりまったく状況が違ってくるものです。子供のいるバツイチ女性は、子供の養育が第一になってきますので、この点を真っ先に考えてください。

一般に、子持ちのバツイチ女性には大きく分けて二つのタイプがあります。
子供がいるから再婚はしたくないと考える人と、子供がいるからこそ再婚したいと考える人です。

前者は自分自身が親の再婚で苦い思いをした人などで、子供を自分ひとりで育てようと考えるようです。
後者は、経済的に困難だったり、一人で子育てすることに難しさを感じているタイプで、子供に新しい父親をと考える人です。

バツイチ女性のなかには、再婚は子供が大きくなるのを待って・・・という人もいますが、これは考え物。
新しい父親に馴染むには、むしろ幼いころに再婚した方が良いという考え方もあります。
一概にはいえませんが、子供の自我が発達した思春期に再婚するほうが面倒は多くなるのです。

子供の成長を待って、ということになると、成人するまで再婚できないことになってしまいますが、20年後に自分が後悔しないのかしっかり考えてみましょう。

バツイチ婚活の進め方は年齢によって違う

バツイチと一言でいっても、20代のバツイチと30代のバツイチ、40代、50代、60代のバツイチとでは、気にかけるべき問題点が違います。
それぞれの年代に特有な問題点について把握しておきましょう。

20代のバツイチ婚活の問題点

20代で子供のいる女性なら、子供の養育を第一に考えないといけませんよね。
子供の新しい父親になる男性にも覚悟が必要ですので、子供の意思、成長度合い、生活環境の変化などを考慮しながら婚活を進めていく必要があります。
幼い子供の場合、言葉に出して言わなくても体調に不調をきたすこともありますし、新しい父親との相性も大切です。

また、バツイチ婚活では、相手の男性に子供がいる場合も少なくありません。
この場合、自分と相手との関係のほか、自分の子供と相手、自分と相手の子供、それに自分の子供と相手の子供との間に新しい関係が生じます。
再婚に進める際には、相手、子供、相手の子供との関係をしっかり把握して家族作りを進めましょう。

20代で子供のいないまま離婚した女性の場合は、できるだけ急いで次の結婚を決めてしまいたいという思いがあるようです。
20代でバツイチ子供なしなら、結婚に向けてさほど大きな障害にはなりません。
30代になると、バツのあるなしにかかわらず婚活で結果を出すのは難しくなりますので、出会いは積極的に求めたほうが良いといえるでしょう。

30代のバツイチ婚活の問題点

30代になると子供のいるバツイチ女性は、子供が思春期に入って難しくなる頃です。
子供にも明確な意思がありますし、思春期の子供は、男女にかかわらず、母親の再婚を嫌うことが少なくありません。
独断にならないよう、子供たちの意向を確かめながら、あせらず、慎重に進めていきましょう。

子供のいないバツイチ30代の女性の場合、かなり思い切った条件を提示して結婚に向き合うことが必要になります。
特に、子供がほしい女性は、年齢的に待ったなしです。40代に入ると親も年をとってきて、介護の問題もでてきますので、結婚する気があるなら、30代のうちに精力的に婚活していくほうが良いでしょう。

自分自身の年齢的難しさに加えて、子供がいる人は子供が難しくなる年頃、さらに、30代後半になると親も年老いてきますので、問題が山積。
婚活を続けるのは難しいと感じるかもわかりませんが、40代にはいると結婚はさらに難しくなります。問題点を処理して、積極的に動くことが大事です。

40代以上のバツイチ婚活の問題点

40代以上のバツイチ女性の場合、子供がいても既に成人しているか、手を離れているころです。
問題は、自分自身の今後、親の老後、介護といった問題になってきます。当然、再婚をしても、結婚相手の親の介護問題がついてきます。

また、40代以上でのバツイチ再婚の場合、財産問題で成長した子供たちの意向をすり合わせていくことになります。
後々問題にならないよう、自分自身の経済問題をしっかり整理したうえで、婚活に進むことが大事です。

バツイチ女性の経済力は人によって大きく違います。
もちろん、初婚者でも経済力は人それぞれですが、バツイチの場合、慰謝料、養育費などをしっかりもらって別れた人から、殆ど無一文、ときには借金を抱えて別れた人まで、実に多岐に渡っています。相手との経済格差などの問題も生じてきますので、破綻が生じないよう、結婚前に話をつけておくようにしましょう。

バツイチ婚活で気をつける点 子供の反対、学校問題

20代、30代の子持ちバツイチ女性にとっては、子供の問題が何と言っても大きいものです。
子供が小さいうちは相手の男性との相性を考えなければいけません。一見子供好きだけど、一緒に暮らすと子供のうるささに耐えられないという男性もいます。結婚を決めるまでには、子供と対面させ、話をしてもらうようにしましょう。

子供がある程度大きくなってからの再婚は、引越しや転校など、子供の社会生活にも影響がでます。
子供の教育に差し障らないように、進めていくようにしましょう。婚活を始めるときも、こそこそするより、子供の理解を得るようにしていく方が後々楽です。バツイチ子持ち女性の婚活は、子供と二人三脚で進めるくらいの気持ちで!

バツイチ婚活で気をつける点 親の介護

30代後半から40代にはいってくると、親が年老いてくるのを実感するようになります。
親の方から、早く結婚相手を見つけてとうるさくいわれるのは厄介なものですが、それが落ち着くと、いつの間にか親がぐっと老け込んでいるのに気づきます。

本人が30代、40代だと、親は60代から70代にはいってきます。介護はちょっとした体の不調から始まるもの。
普段元気だからと安心しているわけにはいきません。親に何か起こったときどう対応するか、日常から考えておきましょう。

また、30-40代の婚活では、相手の両親が介護を必要としている場合もあります。
そうした際にも、付き合うにあたって事情と自分の立場を確認しておくことが大事です。

バツイチ婚活で気をつける点 前夫との関係整理

すべての年代でバツイチ女性が気をつけておきたいのが、別れた夫との関係整理です。
すっきり別れたつもりでも、相手側に気持ちが残っていることもあります。再婚に進む前に、綺麗に片をつけておきましょう。
子供のいる人は、子供と前夫との面会なども取り決めておきます。

子供がいない場合も、前夫が近くに住んでいたり、職場が近かったりすると、問題がおきる可能性はあります。
新しい生活に踏み出すには、過去をきっちり清算しておくことが大事です。

バツイチ女性におすすめの婚活方法

バツイチ女性の場合、初婚女性よりも結婚相手に求めるものが多様です。
したがって、求める相手に応じて、婚活方法も変わってきます。たとえば、年齢的にはまだ若く、経済的に豊かでないバツイチ女性なら、婚活アプリを利用した婚活がおすすめです。無料のアプリで幅広く利用できますので、出会いの可能性が広がります。

逆に、年齢が高く、慰謝料などで経済的には困っていない場合、結婚相談所に登録して早めに行動するほうが有利です。
婚活はやはり少しでも年齢が若いうちに動くにこしたことはありません。アプリでは、年齢があがると、出会いはできても結婚まで行くことは難しくなりますので、多少費用をかけてでも相談所に登録した方が確実に出会えます。

↓こちらの関連記事もおすすめです!↓

まとめ バツイチはむしろ結婚し易い?

子どもたちの反対、老親の介護、前夫との関係といった、バツイチにつきまとう障害さえ片付け、分相応の相手を選んでいけば、未婚者と違って高望みしないバツイチは、むしろ結婚し易いというデータがあります。

頭の中で色々考えてしまうとなかなか婚活に乗り出せないものですが、具体的に行動し始めると、一気に好転するのがバツイチ婚活の特徴です。あせらず、しかし、時を逃さないように。バツイチ婚活は地道にマイペースが基本です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたひと

Vicky

Vicky

VICKYです。東ヨーロッパを拠点に活動するフリーライター兼キュレーターです。バツイチで、現在はロシア系ウクライナ人のパートナーと同居中。FRANK PARTYでは国際結婚、国際恋愛を中心に、恋活、恋愛テクニックに関する記事をお届けしています!黒猫とオレンジジュースとあんまりパリッとしてないクロワッサンが好き。よろしく!

おすすめ記事

  1. 朝コン&昼のランチカフェ婚活!おすすめ4選【2018】
  2. ヨガの合コン&婚活パーティーおすすめ4選【2018】ヨガの出会い!
  3. 婚活パーティーでカップリングできない貴方、こういう戦略で行きましょう
  4. 2018年は「デーティングアプリ」がトレンド!マッチングアプリよりも気軽に”相手…
  5. ねこんかつ!猫カフェ婚活おすすめ&人気街コン4選【2018】
  6. 看護師と付き合いたい!看護師と出会える婚活・恋活サービス5選
  7. 保育士と結婚したい!婚活パーティー&出会いアプリ4選【2018】
  8. ぽっちゃり女子との出会い!婚活パーティー&恋活サイト7選【2018】
  9. 公務員男性と出会える婚活パーティー&街コン6選【2018】
  10. 30代婚活パーティーおすすめ6選【2018】アラサーの方必見!




人気記事

最近の記事

  1. 地方の婚活事情 地方の婚活は難しい?成功させるために心得ること。
  2. 相席屋で出会いを増やす!異性と距離を縮める攻略法とは
  3. 『オタク婚活』を成功させる!パートナーを見つけるためには?
PAGE TOP